review

電子書籍はマイナー漫画家を不況から救うのか『ナナのリテラシー』

電子書籍はマイナー漫画家を不況から救うのか『ナナのリテラシー』
電子書籍は本当に儲かるのか?いや、出版社を救うものにはならない。えー!? でも、漫画家個人を救うことにはなりえる。実体験を元に描いた鈴木みそ『ナナのリテラシー』は、過渡期にある今、喝を入れる作品。
「結論から言えば、電子書籍が出版社を救う可能性は、ほぼありません」

えー!
夢も希望もないね……。

これは、鈴木みそ『ナナのリテラシー』Kindle版)の一文。
電子書籍は確かに伸びている。でも出版全体の売上の4%程度の電子書籍がちょっと伸びても、毎年7%から8%落ちている出版業界は支えられない、と作中では語ります。
あまりにも厳しい。

作者の鈴木みそは2013年、出版社を通さないセルフ出版の電子書籍で、印税900万円儲けています。詳しくはこちらのインタビューで。
『マスゴミ』の衝撃、電子書籍の赤裸々マーケティング。鈴木みそに聞く1(エキサイトレビュー)
その実体験を、凄腕コンサルタントと女子高生を語り部にして描きました。

鈴木みそは、自分で「カルト作家」枠だと言っています。一部根強いファンはいる。けれどジャンプ作家のようにバカ売れするわけではない。無名ってわけでもない。すごい微妙な位置です。
ぼくは「過去の本が手に入りづらい系作家」と考えています。
もしこのまま、出版社の紙媒体で、今まで通り描き続けていたら。
出版業界全体が落ち込んでいるんだもの、どん底に行くしかない。

「すべて人任せで何も決めて来なかった。考えることさえしなかった」「それは奴隷ですよ?」
中堅漫画家である自分に、作中のキャラは問いかけます。
今は、漫画家が自分で鎖を断ち切って、漕ぎだすべきときだ。

その一つの手段としてあげられたのが、「個人で出す電子書籍」。会社単位の考え方から切り離すことからスタート。

あわせて読みたい

  • 2013年、個人で最も電子書籍を売った漫画家。鈴木みそに聞く2

    2013年、個人で最も電子書籍を売った漫画家。鈴木みそに聞く2

  • 3.11で日本経済は壊れた? 放射線量はどれくらいで安心? 鈴木みそが直撃!『僕と日本が震えた日』

    3.11で日本経済は壊れた? 放射線量はどれくらいで安心? 鈴木みそが直撃!『僕と日本が震えた日』

  • KindleがなくてもKindleは読める。iOS版とAndroid版の違いを超ていねいに解説

    KindleがなくてもKindleは読める。iOS版とAndroid版の違いを超ていねいに解説

  • 電子書籍をパソコンで読みたいならKindleじゃない、あえてKobo

    電子書籍をパソコンで読みたいならKindleじゃない、あえてKobo

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2014年2月21日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら