review

今夜NHKスペシャル。新宿西口バス放火事件「被害者」と「加害者」慟哭のその後

今夜NHKスペシャル。新宿西口バス放火事件「被害者」と「加害者」慟哭のその後
「NHKスペシャル『聞いてほしい 心の叫びを ~バス放火事件 被害者の34年~』」<br />2月28日午後10時にNHK・総合で初回放送される番組。1980年の「新宿西口バス放火事件」で奇跡的に命を取り留めたノンフィクション作家、杉原美津子さんの心の軌跡を見る。写真は杉原さんが文芸春秋から出版した手記『生きてみたい、もう一度』の表紙。杉原さんの兄である石井義治さんが撮影した。報道写真家だった石井さんは事件現場に偶然通りがかり、なかに妹がいることを知らずにシャッターをきり、読売新聞の一面を飾る。一度は写真を撮ることをやめた石井さんだが、後にクレジットをイシイヨシハルに変え、路傍の花などを被写体にするようになった。
1980年8月19日、午後9時過ぎ。
東京都新宿駅西口。停車中のバスに、火のついた新聞紙とガソリンが投げ込まれた。バスは一瞬にして猛火に包まれ、約30人の乗客のうち6名が死亡。重軽傷者は14名に及んだ。

火を放った男は住所不定の元建設作業員、丸山博文(当時38歳)。通行人によってその場で取り押さえられ、駆けつけた警官により現行犯逮捕された。

今日2月28日午後10時初回放送のNHKスペシャル「聞いてほしい 心の叫びを ~バス放火事件 被害者の34年~」は、この事件で全身80%の火傷をおい、生命の危機にさらされた女性、杉原美津子さんを中心に取材した番組である。

事件当時36歳だった杉原(旧姓、石井)さんは、約1年間の入院、10回以上の手術を経て、1983年に『生きてみたい、もう一度』という本を出版している。
その手記は、事件の翌年、杉原さんが拘置中の丸山に宛てた手紙から始まる。抜粋しよう。

「私は一度だって、あなたのことをうらんだりにくんだりしてきませんでした。
あなたをさばく気持も全くありません」

「会いたいです。会ってくれますか」と綴る杉原さん。
手紙を出したその二日後、彼女は東京拘置所へ向かった。


【丸山博文の犯行動機について――検察側と弁護側の主張】

新宿西口バス放火事件は、犯人と犠牲者らとの間に接点のない、いわゆる無差別の犯行である。個人的怨恨が動機ではない。

朝日新聞1980年9月7日朝刊の記事では、調査本部の調べに対し「幸福そうな通行人をアッと驚かせてやろうと思ってやった」と自供したとある。

あわせて読みたい

  • ダイオウイカ撮影までの苦難の道『ドキュメント 深海の超巨大イカを追え!』

    ダイオウイカ撮影までの苦難の道『ドキュメント 深海の超巨大イカを追え!』

  • 爆笑問題と考える いじめという怪物

    爆笑問題と考える いじめという怪物

  • 生涯現役なもんで。「ぞうさん」「一年生になったら」の詩人、まど・みちお『百歳日記』

    生涯現役なもんで。「ぞうさん」「一年生になったら」の詩人、まど・みちお『百歳日記』

  • こんな熱い昭和史も。未解決事件・凶悪犯罪で知る戦後~エキレビ!推薦■夏の文庫本ベスト5読んでしゅぽ!

    こんな熱い昭和史も。未解決事件・凶悪犯罪で知る戦後~エキレビ!推薦■夏の文庫本ベスト5読んでしゅぽ!

  • レビューの記事をもっと見る 2014年2月28日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら