review

なんでそんなタイトルになるんだ。翻訳と映画と出版をめぐる「ディネセン」問題がややこしい

なんでそんなタイトルになるんだ。翻訳と映画と出版をめぐる「ディネセン」問題がややこしい
『ピサへの道 七つのゴシック物語1』イサク ディネセン著、横山貞子訳/白水Uブックス 海外小説 永遠の本棚
ふたつの言語で文学作品を書いた人は多い。
ベケット(英語とフランス語)やナボコフ(ロシア語と英語)、クンデラ(チェコ語とフランス語)、多和田葉子(ドイツ語と日本語)などがいる。

いったんかたほうの言語で書いたものを、自分でもうひとつの言語に直すということも多い。ある作品の最初のヴァージョンを書く言語が、必ずしも母語とはかぎらない。
よく知られていることだけど、ややこしいので書いておくと、イサク・ディネセンという男性名で英語で書いた作家の正体は、カレン・ブリクセンというデンマーク人の女性(1885-1962)だった。
ブリクセン(ディネセン)がややこしいのは、ふたつの性を示すふたつの名前を使って、ふたつの言語で小説を書いた点だ。
イサク・ディネセンとして書いた『アフリカの日々』(1937)には、横山貞子による日本語訳(晶文社。河出書房新社《池澤夏樹=個人編集世界文学全集》1-8にも収録されている)がある。けれど、ブリクセン名義で母語に自分で訳したものからの日本語訳(渡辺洋美訳『アフリカ農場』、工作舎および筑摩叢書)もある。

『アフリカの日々』は、1985年にメリル・ストリープ主演で映画化されたときに、日本では『愛と哀しみの果て』という意味不明の題で配給された。
配給会社のせいで『愛とナントカのカントカ』や『死霊のナントカ』『悪魔のカントカ』という映画が多すぎて、べつの意味でややこしい。
もっとややこしいのは、1987年に映画化された

あわせて読みたい

  • 映画「小さいおうち」の原作者が受賞していた「日本タイトルだけ大賞」とはなにか

    映画「小さいおうち」の原作者が受賞していた「日本タイトルだけ大賞」とはなにか

  • 気になるキーワード

    1. 翻訳 アプリ
    レビューの記事をもっと見る 2014年3月25日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「翻訳 + アプリ」のおすすめ記事

    「翻訳 + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。