review

4月12日スタート。話題のドラマ「弱くても勝てます」は原作も素晴らしい

読み始めたときは不安になった。
「これ、本当に野球の本か?」
だが、読み終えると、野球の真髄に触れたような気にもなってくる。
『弱くても勝てます:開成高校野球部のセオリー』とは、そんな本だ(※文庫版Kindle版もアリ)。

4月12日(土)からスタートするドラマ「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(日本テレビ系)の原作である本書は、2012年に上梓されたスポーツ・ノンフォクションだ。著者はノンフィション作家の高橋秀実。2012年度のミズノスポーツライター賞にも輝いた一冊である。

本の副題にもあるように、舞台は開成高校野球部。もちろん、あの超進学校である開成高校だ。
だから、弱い。お世辞にも上手いとは言えないレベルで、冒頭でもいきなり、《下手なのである。それも異常に》という著者・高橋の感想が記されている。そんな開成高校野球部が2005年夏、都大会でベスト16まで勝ちあがったことで、高橋が興味を持ち始めたのが本書誕生の経緯だ。

開成高校なんだから、きっと頭脳的な作戦で勝ち上がったのでは? と考えてしまうかもしれないが、さにあらず。なぜなら、開成野球部にはそもそもサインが存在しない。

「サインを出して、その通りに動くというのは練習が必要です。ウチはそんな練習をやらせてあげる時間もないし、選手たちも器用じゃありませんから。バントしろと指示をしたって、そもそもバントできないですからね」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク