NHKの連続人形劇「ひょっこりひょうたん島」は、いまでも人形や主題歌がCMで起用されるなど、名作として知られる。その放送が始まったのは、いまからちょうど50年前の1964年4月で、脚本を井上ひさしと山元護久が共同執筆した。このとき、山元とともに30歳になろうとしていた井上は、「ひょうたん島」が始まって、これでどうやら筆一本でやっていけそうだとの見通しが立ったという。

この年は井上の個人史のみならず社会史のうえでも、新潟地震や東京の空前の水不足、東海道新幹線の開業などいろんな出来事があった。それにもかかわらず、1964年=昭和39年は、まずもって東京オリンピックと大島みち子の年だったと、井上はその著書『ベストセラーの戦後史』に書き記す。

いまとなっては、東京オリンピックはともかく大島みち子って誰? と思われるかもしれない。じつはこの女性は、前年の昭和38年8月に21歳の若さで亡くなっている。軟骨肉腫という難病に侵されていた大島は闘病中、河野実という青年と何度も手紙を交わしており、これが彼女の死後まもなくして『愛と死をみつめて』という本にまとめられた。同書は翌39年にかけて大ベストセラーとなり、テレビドラマ化、さらには吉永小百合・浜田光夫の名コンビで映画化もされ、青山和子の歌った同名の主題歌も大ヒット、年末のレコード大賞も受賞している。こうして見ると、たしかに井上はじめ当時の日本人に、『愛と死をみつめて』とその著者の残した記憶がいかに強烈なものだったかうかがえよう。