review

社会の実権をにぎっている「おじさん」たちの勘違い。古市憲寿『だから日本はズレている』

僕が中学一年生の頃の話だ。
担任の先生は50歳前後のおじさんだった。髪の毛が薄かった。
ところが、夏休みが終わり、ホームルームで久しぶりに顔を合わせると、その髪が猛烈に増えていた。そりゃあ、教室はざわついた。でも誰も先生にそのわけを訊かなかった。だって、見れば分かるんだもの。
次の日から生徒たちは陰で、彼をあだ名で呼ぶようになった。それはもう、この上なく安直な蔑称だった。翌年、彼は学校からいなくなった。
別に薄くたっていいじゃないか。変に隠して若ぶろうとするから笑われるんだ。なぜ、周りの大人たちは教えてやらなかっただろう? あの頃の僕には不思議だった。
あんなにズレていたのに。

古市憲寿の新著『だから日本はズレている』を読んで、そんなことを思い出してしまった。
1985年生まれの古市は「朝まで生テレビ!」にも出演する若手社会学者。25歳のときに上梓した『希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 』(2010)では「終わりなき自分探し」を「若者」たちに強制する社会へ向けて「あきらめさせろ」と主張し、『絶望の国の幸福な若者たち』(2011)では格差社会の犠牲者として語られがちな「若者」たちの実に70パーセントほどが「幸福」だと感じているというデータを用いて、「社会」という「大きな世界」に不満はあれども、生活圏である「小さな世界」には満足しているということを指摘した。
20代最後の年に出版した本書は、現代日本の実権をにぎっている「おじさん」たちの勘違いや的外れっぷり、すなわち「ズレ」の正体を解明しようとする。そして後半ではその「ズレ」のなかでもがく「若者」たちの実態を描く社会批評である。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ホームルーム」に関する記事

「ホームルーム」に関する記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。