review

若者は本当は右傾化していない、メディアが騒いでいるだけだ

若者は本当は右傾化していない、メディアが騒いでいるだけだ
『若者は本当に右傾化しているのか』古谷経衡/アスペクト<br />社会現象としてのネット右翼(通称ネトウヨ)は今や多くの人が知る言葉となった。だが、彼らの実態は依然として曖昧模糊。2000年代初頭から様々なかたちで喧伝されてきた「若者右傾化論」の裏で、たびたびその影響が指摘されてきたにもかかわらず。差別、ヘイトスピーチ、アンチマスコミ、ネットリテラシーなど、問題は山積みである。ネトウヨ関連本を上梓してきた古谷経衡の新刊は、感情的な論を一旦脇に置き、議論のテープルを用意する一冊だ。
2014年東京都知事選挙。
タカ派候補、田母神俊雄の躍進はマスメディアでも大きく取り上げられた。たとえば「朝日新聞」は「田母神氏60万票の意味」という特集記事を掲載。
「支援者らは、従来の保守層よりも過激な傾向があり、愛国的なネットユーザーたちである『ネット保守』が予想を超える善戦を生んだと沸き立つ。これまで実態が見えなかった新たな保守層が、田母神氏の『基礎票』になって現れた、との見方もある。」(『朝日新聞』2月11日朝刊)

なかでも20代の投票先第2位(約24%)ということがクローズアップされており、一部では「若者の右傾化」と見なす風潮がある。
よく聞かれる以下のような言説が、20代の投票行動により証明されたというわけだ。

〈実感〉ネット上ではネトウヨと呼ばれる人たちによる韓国や中国への排外的な言葉が跋扈している。
〈直感〉若者は新技術と親和性が高く、ネットに触れる機会が中年や老人よりも多い。
〈補足〉しかも、若さゆえに思想的影響を受けやすい。
〈予想〉ゆえに、若者は保守的で右翼的な思想になる。

しかし、古谷経衡『若者は本当に右傾化しているのか』は、こうした「若者右傾化論」を否定する。
1982年生まれの著者は保守を自認し、アニメ評論なども行う若手論者。田母神俊雄公式サイトでも「賛同者」として名を連ねられている。

著者の分析では、田母神票の中心となったのは30代(約14万7千票)と40代(約13万5千票)。したがって、20代(約9万5千票)の顕著な「右傾化」とするには無理があるという。(票数はいずれも著者による推定)...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2014年5月22日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース