review

開戦から100年。日本にバウムクーヘンをもたらしたのは第一次世界大戦だった

       
……と、概略を説明するだけでもややこしい。第一次世界大戦は、従来の国際体制の枠組みを崩すものであっただけに、その元となる枠組みを理解していないことには、その原因は容易につかめない。前出の『第一次世界大戦』はそのあたりを丁寧に整理し、戦争の経緯を時系列に沿ってくわしく解説する、“手堅い”一冊といえる。

同書は教科書的ではあるが、従来の定説とは異なる見解もところどころで出てくる。たとえば、大戦後の1919年に結ばれたベルサイユ講和条約は「ドイツ側に過酷な」条約だったという評価も、現在ではかなり修正されているようだ。ドイツに対し払えきれないほどの賠償金が請求されたことはよくいわれるところだが、じつは条約には賠償総額は記されず、1922年に初めて確定したものだった。《総額と支払い方法に問題があったことは確かだが、それも交渉によって修正可能であったし、事実一九二四年以降にかなり修正、緩和された》という。

■大戦が日本にもたらしたバウムクーヘン
第一次世界大戦では先述のとおり、日本も早々に参戦している。しかし実戦は、中国のドイツの租借地だった山東省青島とドイツ領南洋諸島の占領によって2カ月ほどで終了、損害もごくわずかだった。大戦の主戦場はあくまでヨーロッパであり、代わって生産・輸出を担った日本とアメリカは濡れ手で粟の利を得たとは、よくいわれるところだ。

大戦と日本の直接的なかかわりとしては、戦闘と特需以外にもまだある。たとえば捕虜の収容。青島などで日本軍の捕虜となったドイツ兵たちは、まず日本国内の大都市の寺院などに収容された。1915年以降は、戦争の長期化に備えて大規模な捕虜収容所が各地に建設され、捕虜たちはそこに集約される。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。