review

マリー・アントワネットは「パンが無ければケーキを食べればいいじゃない」なんて言わない

       
Twitterのハッシュタグ「#もしも歴史上の人物がTwitterをやった時一番炎上しそうな呟き」が非常に面白かった。
#もしも歴史上の人物がTwitterをやった時一番炎上しそうな呟き - Togetterまとめ

確かに過去にインターネットがあったら「やらかしちゃいそう」を想像するのは楽しい。
追ってみると、圧倒的に多かったのが織田信長の本能寺ネタと、マリー・アントワネットの「パンが無ければケーキを食べればいいじゃない」ネタだった。
織田信長のは「本当に燃えてるじゃん!」というオチ。比叡山もね。

問題はマリー・アントワネットの方だ。
「パンが無ければケーキを食べればいいじゃない」という言葉は、マリー・アントワネットがいかに浪費家で民衆のことを考えていない悪女だったかを象徴するセリフとして、しばしばネタになる。

しかし、マリー・アントワネットがこの言葉を言ったという証拠は一切残っていない。
多く批判されている誤解にもかかわらず、いまだに常識として語られがちなのは興味深い。

本来はルソーの自伝『告白』が元ネタになっている。
「腰に剣をつったりっぱな紳士が、パン屋へパンを買いに行ったりできようか。ついにわたしは「百姓どもにはパンがございません」といわれて、「では菓子パンを食べるがよい」と答えたという、さる大公婦人の苦し紛れの文句を思い出した」(ルソー『告白』(上)P382 桑原武夫訳 岩波文庫)。
このエピソードを、民衆の反感が高かったマリー・アントワネットのイメージとくっつけて、いかにも彼女が語ったかのようになってしまった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年9月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。