review

何もない空間に張られた見えないロープを渡る役者たち、天才演出家の凄い稽古場

       
演劇界の巨匠ピーター・ブルック。
彼の創作現場を、息子が撮影したドキュメンタリー映画が公開中だ。
邦題は「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古」
原題は「PeterBrook:The Tightrope」。
何もない空間に、見えないロープが張られる。
役者は、架空のロープを渡る。
ピーター・ブルックが、それについて語る。
ストレートで、透明な言葉だ。

たとえば、こうなふうに。

“綱渡り”という些細な動きに必要なのは身体的なことだけではない。役者や舞台に関わるすべての人と、自分が完全に一体になること。それはつまり想像力がすべてということだ。

ああ。こうやって書き写していると、「抽象的すぎて、わからないよ!」という感じではある。
だが、映画で、ピーター・ブルックがしゃべる姿と共に言葉を聞いているときは、なんだか伝わってくるのだ。
いつ、どういうタイミングで、どのように、それを語るのか。そのことが説得力となるような言葉なのだ。

映画のパンフレットからピーター・ブルックの言葉をいくつか引用しよう。

火の中を歩くには、痛みや恐怖といった敵に打ち勝つ努力が必要だ。新しいテンポを生み出すんだよ。歩き方や動きもすべて違うテンポだ。それが新しい力となる。同じことを繰り返していてはダメだ。

世界観に没入している感覚を喜びに変えるんだ。これが芝居の喜びだ。舞台の一部となって目と耳で感じるんだ。

感動は長くは続かない。役者が動き出せば装飾は邪魔になる。人はなにか意味を“匂わされる”方が、次の展開を期待し興味を持ち続けられる。幕が開いた瞬間あとの展開が見えてはダメだ。ワクワクさせるんだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ドキュメンタリー」に関する記事

「ドキュメンタリー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ドキュメンタリー」の記事

次に読みたい「ドキュメンタリー」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年9月24日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. ドキュメンタリー 映画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。