review

東海道新幹線開業50年、惜しまれる「夜行新幹線計画」の挫折

1964年10月1日の東海道新幹線の開業から、きょうでちょうど50年を迎えた。昨年、2013年の一年間における東京~新大阪間での新幹線の輸送人員は、1億5481万6000人と過去最高を記録したという。日本の総人口を上回る数字だ。大都市間をこれだけ多くの人を運んでいる鉄道路線は世界でも東海道新幹線ぐらいだろう。

新幹線に関する書籍やムックは以前から少なくないものの、開業から半世紀を迎えるのに合わせてグッと出版点数が増えたほか、ここしばらくのあいだ、新聞・雑誌・テレビなどでも特集があいついで組まれている。

手前味噌ながら、私も4年前に『新幹線と日本の半世紀』という本を上梓している。その執筆に際してはかなりの数の資料に目を通したので、いくら新刊が出ようとも、少なくとも新幹線の歴史について新しい見地を得ることはあまりないのではないかと、不遜にも思っていた。が、それは完全な私の思いあがりだった。ここへ来て出た本のなかには、新たな事実をあきらかにしたものもちゃんとある。とりわけ、講談社ブルーバックスの1冊として刊行された 曽根悟『新幹線50年の技術史 高速鉄道の歩みと未来』は、新幹線計画時・開業当初の話から、近年のリニア開発や新幹線技術の海外輸出における課題まで、知らないことだらけだった。

たとえば、東海道新幹線が開業10年を経た1974年、当時の国鉄は「新幹線臨時総点検」を4回実施し、それにもとづいて1976年から6年にわたり、「体質改善工事(新幹線若返り工事)」と称する、線路などをつくり直す大工事が行なわれた。これは、新幹線の歴史を書いた本には必ずといっていいほど出てくるできごとだ。だが、その根本的な原因にまで触れた本は、私の知るかぎりほとんどない。それが『新幹線50年の技術史』ではくわしく説明されている。そもそもの原因は、新幹線に自由席を設けたことだったという。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク