日本全国津々浦々、大小さまざまなライブハウスが存在する。キャパの違いだけでなく、個々の「箱」ごとに独自の世界観があるところが魅力だ。無数のバンドステッカーや落書きは音楽の歴史を物語り、煙草のヤニで汚れた壁やボロボロになった冊には、長い間その空間を共にしてきた演者とファンの思い出がしみ込んでいる。

ライブハウスが「箱」と呼ばれるように、箱の“中身”は扉を開けた人にしか分からない。大きなドームやスタジアムも良いけれど、地下へと向かう暗い階段をくだり、重たい扉を開けた先に広がるキャパ100〜300人の空間には、思いがけない世界が広がっているものだ。

【元酒蔵のライブハウスが存在する!】


さて、そんなライブハウスのなかでも日本屈指の個性を放つ箱が、京都に存在する。その名も「磔磔(たくたく)」。2014年4月で40周年を迎えた老舗のライブハウスは、築100年を誇る。

ライブハウス「磔磔」は京都下京区・四条駅の仏光寺そばに位置し、風情溢れる京都の街並に溶け込みながらも、ひっそりと不思議な雰囲気を醸し出す。実はここ、取り壊されるはずだった酒蔵を手作りで改築し、ライブハウスへと生まれ変わった場所なのだ。酒好きとしては、なんともテンションが上がってしまう……! 

実際に会場に足を踏み入れると、まず目に飛び込んでくるのが大きな柱だ。数あるライブハウスのなかでも、客席中央に柱がある場所はそうそうない。この柱は、「磔磔」のシンボルなのだ。