review

「驚くことに『進撃の巨人』にそっくり」使徒が人を食う「エヴァ」幻の劇場新作を庵野秀明が語る

       
当時「トップ」の企画は脚本段階で止まっていた。「ウラシマ効果をドラマに盛り込むのは面白い」と思ったため、監督を引き受けることに。これまで演出も制作もやったことがない(監督の経歴としてはかなり変わっている!)庵野だが、さまざまな現場で実制作に携わっていたため、監督の仕事に大きな不安はなかった。

「アニメは100点を目指すものじゃない。80-70点くらいまで持ち上げて、60点、赤点にならないようにする。そういう意味では、『王立』のリテイク作業を経験していたことはとても大きかった。完成を目的にして、コントロールして、責任を取るのが監督の仕事です」

それでも、企画はすんなりとは進まない。
「あんまり言うと押井さんの悪口になっちゃうけど……」と言いながら、当時のOVA業界について語る。「トワイライトQ」(1987年)が2話で終了し、「OVAはもうダメだ」という空気があったのだという。
続くOVA「機動警察パトレイバー」は大ヒットしたものの、今度は「これまでOVAは4000万の予算を出してたけど、1250万でも作れるんじゃないか」という前例を作ってしまった。予算が少なく、しかも当時進行中の「パトレイバー」のほうが優先されている中で作った作った1巻(1話・2話)。

「初号試写に行けなかった。僕自身、あんまりうまく機能していなかったですね。5・6話で人に見せられるものになったと思う。『トップ』は僕の力じゃなくて、岡田斗司夫さんをはじめとする他の人の力で面白いものになりました」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。