review

『生ける屍の結末「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相』の衝撃。冒頭陳述は間違っていたのか

『生ける屍の結末「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相』の衝撃。冒頭陳述は間違っていたのか
『生ける屍の結末――「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相』創出版/渡邊博史
『生ける屍の結末「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相』(創出版)は、2012年10月から1年以上にわたって続いた『黒子のバスケ』連続脅迫事件の元派遣社員・渡邊博史被告の、いわば自伝──あるいはその第1弾?──である。
『黒子のバスケ』(集英社)は当時《週刊少年ジャンプ》に連載中だった藤巻忠俊の人気漫画で、2012年から2期4クールにわたってTVアニメにもなり、来年には第3期の放映が決定している。

渡邊被告は作者の母校(上智大、都立戸山高)、『黒子のバスケ』関連イヴェントの会場、関連番組の放送局、同人誌即売会会場、関連商品の製造元や販売小売チェーンなどに毒物を送付したり、「喪服の死神」「黒報隊」「怪人801面相」などの複数名義で関係各所500箇所以上に声明文や脅迫状を送ったりしていた。
中止に追い込まれたイヴェントも多く、コミケ史上初の特定作品関連サークルの参加制限という事態にも発展した。
昨2013年10月にはそのすべての声明文・脅迫状のコピーを、他の証拠物件(コンビニに置いたという薬物入り菓子のサンプル)とともに脅迫先ではない月刊《創》編集長宛に送り、〈もし他のメディアが公表しないようならお前らで公表して〉ほしいと依頼していた。

渡邊被告は2か月後の同年12月に逮捕され、威力業務妨害罪に問われた。長文の冒頭陳述を用意して今年3月の初公判に臨んだが、全文の読み上げを阻止された。
陳述の全文は《創》の
レビューの記事をもっと見る 2014年10月29日のレビュー記事
「『生ける屍の結末「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相』の衝撃。冒頭陳述は間違っていたのか」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    結局言いたいのは「加害者もかわいそうな人だったんだよ!」か。可哀想なのは被害者だろ…

    8
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。