review

メガドライブ、セガサターン、ドリームキャスト擬人化「Hi☆sCoool! セハガール」のセガ愛に泣く

3Dアニメ『Hi☆sCoool! セハガール』に、泣きました。
セガを愛し、応援してきた自分を思い出して、つい。

出てくるのは、セガのハードを擬人化したキャラクター。メガドライブ、セガサターン、ドリームキャスト。
彼女たち3人が、東京都羽田・大鳥居にある「セハガガ学園」に入学。単位取得を目指します。
聞いただけで、うずうずする学校名だ。ガの多さに。
(解説:昔「セガガガ」というゲームがありました)

学校のチャイムは、サターンの起動音。
アイキャッチはサターンホーム画面の音。
「セーガー」のサウンドロゴも、もちろん登場。
エンディングテーマは、セガの社歌「若い力」です。

彼女たち3人が単位取得試験として挑むのは、有名セガゲームタイトル。「バーチャファイター」に「スペースチャンネル5」。
「ムシキング」、「獣王記」、「サクラ大戦」なんかも出てきます。
セハガガ学園の中は、「ファンタジーゾーン」「ナイツ」「ハングオン」など、セガの往年のゲームギミックだらけ。
ああ、懐かしい。セガを愛したおっさんたちのツボを、「セハガール」はグイグイ押してきます。

●セガを愛したあの日々
セガは、ゲーマーの心理をくすぐり続けた会社でした。
・時代を先取りしすぎた。
・どこ狙いかわからないゲームが多かった。
・いつもどこか力んでいた。

かつての「主流はプレステや任天堂だろう、サブだから応援したい」感は、異常だったと思います。
セガのCMの中で、子どもたちが「セガなんてだっせえよな」「プレステの方が面白いよな」と言っていたのは、あまりにも印象的。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク