朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第20週「1993-1994」

第94回〈3月15日(火)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』あんこのおまじない、あかにし…算太の記憶の断片が岡山での記憶に結びつく
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第95回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


サンタ、踊る

ひなた(川栄李奈)が帰宅するサンタに扮した錠一郎(オダギリジョー)が店番していて、奥の居間には算太(濱田岳)がいた。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜94回掲載中)

10年前、「大月」の店の前まで来たにもかかわらず黙って去って、それっきり撮影所にも現れなくなった算太が大叔父だったと知ってひなたは驚く。

折しもクリスマス。ごちそうを算太と囲みながら、これまで知らなかったるい(深津絵里)の家系について聞くひなた。30年近くな〜んも知らなかったってすごい。たいてい、近隣や学友と比べ、うちには田舎はないの? 田舎に遊びに行きたいとか、おじいちゃんおばあちゃんはいないの?とか聞くものだろう。だが、ひなたは、親戚がいればお年玉がもっともらえたのに……と思いながらも一切口にすることなく育ったようだ。るいが言いたくなさそうと察していたのだろうか。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』あんこのおまじない、あかにし…算太の記憶の断片が岡山での記憶に結びつく
写真提供/NHK

ひなたはわりとなんでも「なんでなんで?」と空気を読まずに突っ込んでいく性格として描かれている。この第94回でも算太が明らかに老いて弱っているのに「踊って踊って」と無邪気にせがみ、桃太郎(青木柚)にたしなめられている。それが算太の少年時代、パンでダンスをしてみせたことの再現につながるのだが。

ひなたの性格は妙に辛抱強いところとあけすけなところといまいちキャラに一貫性がない。終盤に近づくにつれてストーリーに一貫性をもたせようとするあまり登場人物に一貫性がなくなってきて苦戦していることを感じるが、それでも懸命にいい物語を紡ごうと作り手たちはまるで嵐のなかをいく船人たちのように見えてくる。深津絵里は算太に対する気まずいリアクションが実に見事である。

作り手の奮闘が透けて見えてくることは物語としてはいささか弱いということである。朝ドラの終盤にはたいていこの壁がくる。マラソンにおける最後の難関。ここを乗り越えて、どういうクライマックスにするかが重要だ。しばらく静観したい。

失敗しても再起できる、許しの物語

その晩、泊まった算太は早朝、なつかしいあんこのおまじないを聞く。るいは毎朝、これを唱えながら小豆を炊き、あんこを作っていた。前の晩に食べた回転焼き、あんこのおまじない、一宿一飯の恩義で商店街の福引の手伝いをしたことによって、「あかにし」と吉右衛門(堀部圭亮)に気づく。記憶の断片が合わさって、岡山での記憶とがっちり結びついたとき、商店街は算太の花道と化す。

幼い頃の安子が現れ、若返ったように踊りだす算太。そこはステージという名のひなたの道である。曲も「オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」。皆の拍手を受けてフィニッシュを迎えた算太は太陽を仰ぐ。そのときの濱田岳の表情は苦味があっていい。彼の目線には岡山の「たちばな」の屋根がある。いま見ると立派な店構えである。決して大きくはないが、端正で上品ないい建物だった。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』あんこのおまじない、あかにし…算太の記憶の断片が岡山での記憶に結びつく」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』あんこのおまじない、あかにし…算太の記憶の断片が岡山での記憶に結びつく」の画像2 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』あんこのおまじない、あかにし…算太の記憶の断片が岡山での記憶に結びつく」の画像3