review

汚部屋女子がカリスマ片づけアドバイザーに聞く「一生リバウンドしない」奇跡の片づけ法1

汚部屋女子がカリスマ片づけアドバイザーに聞く「一生リバウンドしない」奇跡の片づけ法1
『一生リバウンドしない 奇跡の3日片づけ』(講談社)<br />著者は300軒以上の家を片づけてきた「片づけのカリスマ」石阪京子。「クローゼット→水回り→リビング」の順番で片づけていくと、家がリバウンド知らずのきれいさに変身する……そんな「3日片づけメソッド」について、著者に聞いてきた。
11月8日に発売された『一生リバウンドしない 奇跡の3日片づけ』。著者はこれまで300軒以上の家を片づけてきた「大阪のカリスマ片づけアドバイザー」石阪京子さんだ。
この本のメッセージは、「部屋は3日で片づく!」というもの。クローゼット、水回り、リビングをきれいにすれば、部屋は片づいていくのだそう。……ほんとに?
私の部屋はいわゆる汚部屋で、過去何回も片づけに大失敗してきている。はたして、こんな私でも部屋をきれいにできるんだろうか……。そんな不安を持ちつつ、著者の石阪京子さんにインタビューしてきた。


■なりたい自分をイメージ→クローゼット全部出しで部屋はキレイになる

──300軒の家を片づけてきた石阪さん。どうすれば、家はキレイになるんでしょうか?
石阪 片づけに取りかかる前に、「自分が何を一番大切にしているか」「どんな自分になりたいか」イメージしてみるのが大事です。片づけレッスンでも、掃除を始める前に、一時間くらい「どんなことで困ってるの?」「どんな暮らしがしたいの?」とお話をします。みなさんいろんなお悩みを抱えている。子どもの受験や旦那さんとの関係、介護の苦労や家事への苦手意識……そういうものが解決するのが片づけのゴールです。
──そのイメージを固めてから、掃除を始めるんですね。『奇跡の3日片づけ』には、「クローゼットの中身を全部出すことから始めよう」とあります。なぜクローゼットから?
石阪 イメージができても、いきなり「じゃあリビング片づけましょう!」だとやっぱりつまずいてしまう。押入れやクローゼット、納戸部屋から始めてもらいます。そういうところにはいらないものがいっぱい詰まっていて、みなさん忘れているんですね(笑)。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2014年11月17日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース