review

ドラフト、戦力外通告、トライアウト…プロ野球人生交差点を読み解く「野球太郎」

大谷翔平(日本ハム)は若干20歳にして年俸1億円に到達。
日本球界に復帰する松坂大輔(ソフトバンク)、そして中島裕之(オリックス)はともに3年12億円!

この時期、プロ野球界は毎日のように華々しい数字でスポーツ紙の紙面が賑わう。その一方で、筆者と同い年(37歳)の藤井秀悟はDeNAから戦力外通告を受け、トライアウトに挑むも獲得する球団はゼロ。現役引退を余儀なくされた。

藤井だけではない。現在までに12球団で戦力外通告をされたのは121 人。最多はソフトバンクとオリックスの14人だった。松坂と中島を獲得するための資金捻出……と勘ぐりたくもなってくる。

試合がないからこそ盛り上がるストーブリーグ。この時期、野球狂のための情報源として最適なのが『野球太郎No.013~2014ドラフト総決算&2015大展望号』だ。

2014年ドラフト会議で指名された104名(育成ドラフト含む)の名鑑、さらには注目選手30名分のインタビュー記事だけでも読み応え十分。
もちろん、4球団が競合して日本ハムが交渉権を獲得した有原航平(早稲田大)、同じく競合の末に楽天が交渉権を獲得した安樂智大(済美高)、京大初のプロ野球選手として注目を集める田中英祐などなど、注目選手たちの情報量、そしてマニアック度は他誌の追随を許さない。

ただ、本書の真骨頂は前途有望なドラフト組の記事だけでなく、挫折を味わい、戦力外を受けた(元)プロ野球選手たちの物語にこそある。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク