review

もし「週刊文春」からタンマ君が消えてしまったら「週刊新潮」になっちゃうの?

2015年が明けて約20分後、私は初詣もそこそこに近所のセブン・イレブンに駆け込んだ。目的はただひとつ、セブン・イレブン限定発売の「週刊文春」の「お正月スペシャル号 丸ごと1冊タンマ君!」を買うためだ。ひょっとすると日付が変わったばかりではまだ入荷されていないかも……と一瞬不安もよぎったが、ちゃんと店頭に並んでいて、無事に入手することができた(なお、同号はセブンネットショッピングでの通信販売も行なっている)。

今回の文春の特別号は、タイトルにもあるとおり、同誌で1969年から連載されている東海林さだおの漫画「タンマ君」から、作者自ら選りすぐった傑作68本をまとめたものである。ただし、前半では「週刊文春」の昨年のスクープ記事にまつわる裏話の特集に誌面が割かれている。本音を申せば(by.小林信彦)、正真正銘「タンマ君」だけで「丸ごと1冊!」にしてほしかったところだが。まあ、ごちそうには前菜がつきものだし、ムニャムニャ……。 

「タンマ君」は、たまーに「週刊文春」を買ったときに読むぐらいだった私だが、こうしてまとめて読むと、主人公のタンマ君のキャラクターがよくわかる。タンマ君が万年ヒラ社員で、スケベだということは、国民周知の事実だけれども、スケベはスケベでも想像力豊かなスケベであることに今回気づいた。たとえば、「週刊文春」1996年3月21日号(114ページに再録)では、春になり発情したタンマ君が、コンビニで買った梅おにぎりから女体を連想して興奮が止まらなくなる。と、文章で書いても何のこっちゃだが、絵を見れば納得し、そして良識ある人間ならばあきれ返ることだろう。でも、私はこういうのキライじゃない。むしろ好きである。ついでにいえば、同じ回で、コマを追うごとに高まっていくタンマ君の興奮度合を、最初「ムラムラ~」、次に「マチマチ~(ムラが発展して)」、さらには「シーシー(市)」と段階的に表現していたのにも思わず吹いてしまった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク