新創刊の雑誌『相撲ファン』で監修を務めた相撲ジャーナリスト・荒井太郎氏に聞く、大相撲のいま。後編では『相撲ファン』の見どころや相撲の楽しみ方について教えてもらいます。(前編はこちら

《女性視点をメインにしつつ、コアなファンも納得できるものに》

─── 『相撲ファン』を読んでみて個人的に一番楽しかったのが、デーモン閣下の相撲論日記「吾輩は見た!」。閣下が1800年頃の江戸勧進相撲の時代から相撲をどう見続けてきたのかを日記形式で振り返るという。これはもう、閣下にしかできない。
荒井 ありがとうございます。

─── 1809(文化6)年であれば「グハハハ! 99846年前に発生し、角力を見続けてきた吾輩が〜」とあって、あぁ、10万年前ではないんだと(笑)。1876(明治9)年であれば「西洋文化に浮かれている現在の風潮を、吾輩は大変憂慮している。このままでは、百年二百年後、日本文化のアイデンティティーが崩壊してしまう。これは角界も例外ではないぞ」としっかり提言もある。
荒井 そうですね。この辺はちゃんと押さえておかなきゃな、と。

─── その一方で、相撲女子発掘企画「スージョ・Life」だったり、「相撲ファン女子座談会」、国技館周辺グルメ、表紙とインタビューでは美人すぎるオタクとして人気のモデル・市川紗椰さんが登場。写真も多く配置した全体的なレイアウトも含め、女性向けの編集方針を感じました。
荒井 特に、写真やレイアウトにはこだわって作っています。市川さんへのインタビューページは私が直接担当してないんですが、本当に相撲に詳しいみたいですね。そういった女性視点をメインにしつつ、誌面全体としては男性のコアなファンにも納得できるものになったんじゃないかと思います。