review

私たちの色に染まらないひとは迷惑で邪魔。「透明な嵐」が吹きまくる「ユリ熊嵐」3話

幾原邦彦監督作品月曜深夜アニメ「ユリ熊嵐」(TOKYO MXほか)。3話「透明な嵐」が1月19日に放送された(Gyao!やニコニコ動画で追いかけ配信中)。椿輝紅羽をめぐる愛のお話だ。

2話のラストで明かされた事実。クラスメイトの百合園蜜子も百合川このみもクマだった! 人の姿と化して断絶の壁を越えているのは、百合城銀子と百合ヶ咲るるだけではない。もしかしたら、ほかにもクマは人の姿で潜んでいるのかもしれない……。
「透明な娘は透明な味しかしない」「スキをあきらめない娘の肉だけが、柘榴と花の蜜の味がする」
蜜子は紅羽が「排除」される時を待っている。そうすればいちばんおいしく食べられるから。

紅羽の教室からは、クラスメイトが少しずついなくなっている。誰よりも大事だった泉乃純花のみならず、このみ、そして赤江カチューシャの姿もない。
ちなみに赤江カチューシャは、1話でクマ警報の垂れ幕を下ろしていた赤いカチューシャの女の子。『ユリ熊嵐 公式スターティングガイド』には「ほっぺたもぷっくりして脚もむちむち。おまけに巨乳という体つき。なんだか食欲をそそりそう」という不穏な説明がある。
空席が目立ち、紅羽も銀子もるるもいない教室で、ある「儀式」が行われる。ポニーテールのクラスメイト・鬼山江梨子が、このみの代わりに議長として壇上に立つ。
「私たちは『透明な存在』であらねばなりません。それでは『排除の儀』をはじめましょう」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

幾原邦彦のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「幾原邦彦」に関する記事

「幾原邦彦」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク