review

野茂の奪三振、福本の盗塁、伊藤の魔球、そして早逝した大豊泰昭の一本足打法『プロ野球、伝説の表と裏』

野茂の奪三振、福本の盗塁、伊藤の魔球、そして早逝した大豊泰昭の一本足打法『プロ野球、伝説の表と裏』
『プロ野球、伝説の表と裏』(長谷川晶一/主婦の友社)<br />プロ野球にまつわる伝説を、当事者、そして関わってきた人物たちの証言により様々な角度から検証したノンフィクション。
一本足打法を操って本塁打王と打点王を獲得。中日、阪神で活躍した大豊泰昭氏が18日、急性骨髄性白血病のため亡くなった。51歳だった。

その早すぎる訃報を聞いたとき、驚いて読んでいた本を二度見した。
というのも、その時まさに、大豊泰昭の伝説について書かれた本を読んでいたからだ。

『プロ野球、伝説の表と裏』(長谷川晶一・著)。

昨年末に上梓された本書は、
第一章 「ドクターK」の真実
第二章 一本足打法の光と影
第三章 福本を、刺せ!
第四章 1993年の伊藤智仁
という四章構成になっている。

その第二章では、「王貞治はなぜ一本足打法でホームランを量産することができたのか?」という問いに迫るため、王以外で一本足打法に挑戦した選手たちにもインタビューを行っている。

その一人が大豊泰昭だ。

台湾での少年時代、球場の売店でたまたま見つけた雑誌で王貞治の美しい一本足打法に心を奪われ、(いつか、本物の王さんに会ってみたいな)と夢抱いた男が、どのような紆余曲折を経て来日することになったのか。

そして中日入団後、キャンプに臨時コーチとしてやってきた張本勲に才能を見込まれ、一本足打法を勧められたこと。
張本の口利きで憧れの王貞治から直接、一本足打法の指導を受けたこと。
はじめて一本足打法で臨むシーズンの開幕戦、試合前に「1年間頑張れ。陰ながら応援しているぞ」と王から電話をもらい、ますます王のことが好きになったこと……阪神時代にはなぜ一本足打法から二本足に変えたのかも含め、「大豊泰昭と一本足打法の物語」が大豊本人の口から語られていく。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2015年1月21日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース