review

遠藤雅伸も登場。アナログゲームとデジタルゲームの歴史的邂逅レポ

専門店が地域のハブとなり、コミュニティを育てて、次の世代につなげていく。チェーン店が全国に広がり、オンライン流通が一般化するにつれて、こうした専門店が持つ社会的役割が失われつつあります。書店とか、レコード店とか、スポーツ用品店とか、ゲームセンターとか・・・。

こうした中、かつての常連客が専門店に集まり、ご恩返しも兼ねてトークライブを行い、新たなコミュニティを作り出そうとする粋なイベントが開催されました。それが神田・神保町のかるた専門店「奥野かるた店」で3月14日に開催された「奥野の百年、ゲームデザインの千年」です。

奥野かるた店は大正10年(1921年)創業で、日本で唯一のかるた専門店。その一方でボードゲーム・カードゲームの聖地として、東京近郊の愛好家に古くから親しまれてきました。今でも二階には世界中の名作ボードゲームがずらりと並び、ほぼ定価に近い値付けで販売されています。

主催は遊戯史学会日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)で、前者はアナログゲーム、後者はデジタルゲームの学術団体。遊戯史学会理事でゲーム研究家の草場純と、日本デジタルゲーム学会理事でスクウェア・エニックスの三宅陽一郎が旗振り役となり、ゲームデザインの観点から討論会が実施されたのです。会場には業界関係者から学術関係者、アナログゲーム愛好家、プロ棋士まで約50名が参加しました。

同じ「ゲーム」とはいえ、アナログゲームとデジタルゲームには似て非なる点がたくさんあります。アナログゲームは参加者全員がルールを習得していなければ満足に遊べませんが、デジタルゲームはアプリケーションにルールが内在されており、特別な準備が不用で遊べる、などは好例です。

この記事の画像

「遠藤雅伸も登場。アナログゲームとデジタルゲームの歴史的邂逅レポ」の画像1 「遠藤雅伸も登場。アナログゲームとデジタルゲームの歴史的邂逅レポ」の画像2 「遠藤雅伸も登場。アナログゲームとデジタルゲームの歴史的邂逅レポ」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク