review

素朴な疑問というか、今ここにある危機『本で床は抜けるのか』

『本で床は抜けるのか』。なんて内容が分かりやすいタイトルの本!本が自然と増えてしまう人なら、一度は不安になってしまうこの問題について予想外の展開を含みながら迫り、それがついに1冊の本になってしまった大記録だ。

家が崩落して死にかけた人、電子化した人、書庫を建てた人。捨てられたり寄贈された本、地震や津波で崩れた本や読めなくなった本。広がっていく取材を通して、嫌になるぐらい「本とは何か」ということが現れてくる。

書いたのはライター・作家の西牟田靖さん。旅行記などの分野でライター活動などをしていたが、北方領土や尖閣諸島についてなど「国境」に関する本を書いた頃から、必要な資料がどんどん増えていった。大きな地震もあった。家族も居る。まずい。「仕事の武器」である本が生活空間をおびやかすようになったのが、すべての始まりだった。

何より第一に結論。「抜けるのかどうか」。序盤から西牟田さんの合理的な取材がテキパキ。読んでて気持ちがいい。

「過去に本で建築物が崩落した事例はないか」新聞記事や雑誌記録を探し、経験者や建築の専門家などにどんどんインタビューする。たった数ページでどんどん明らかになる。フェイスブックやツイッターで自宅写真を公開したり人脈に頼ったり、調査記録としても臨場感がある。結果、「危ない」「危なくない」「建物による」諸説出てきてしまう。

古い木造の作りで、1平方メートルあたり何キロまでなら耐えられるのか。部屋の端と中央ではどのように耐久度が変わるのか。腐敗や虫食いなどによる建物の劣化を考慮に入れると?鉄筋コンクリートなら安心なのか?そのあたりがスピーディーに、かつリアルに実数値で分かる。床が抜けてしまった人の高額な弁済費用、補強のためにかかる金額、「自炊業者」に電子化を依頼してみたときにかかった金額なども細かく記録されていて、興味深い。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク