review

「薬物依存は病気。意志や根性ではどうにもならない」田代まさし激白『マーシーの薬物リハビリ日記』

「薬物依存は病気。意志や根性ではどうにもならない」田代まさし激白『マーシーの薬物リハビリ日記』
『マーシーの薬物リハビリ日記』田代まさし/泰文堂<br />ライトに描かれているが、内容は深い。明らかに今までの田代とは違う印象がある。
       
個人的に“ネットスラング”と呼ばれるものが、どうしても好きになれない。「具体的にどれが嫌い?」と問われたとしたら、この原稿の字数では収まりきらない位にはある。
例えば、「神」なるワード。抜きん出た存在を指す表現だが、その成り立ちと浸透されていった過程を不思議に思う。改めて見ると、称し方としてはあまりにも安易だ。

このネットには、いわゆる「神」的存在が少なくない。その一人として挙げられるのは、田代まさし。刑務所を出所した彼が、3月に“出所報告イベント”を開催したことは記憶に新しい。
実は私も、他媒体の取材で同イベントへ訪れている。数々の事件を経て奇異の目で見られがちな彼だが、私も彼のことは奇異の目で見ていた。とにかく、自分に甘い。我慢が足りない。確固たる意志があれば、薬物を止められるだろうに。
「オレもそう思ってました! でも『ダルク』のプログラムを受けて分かったのは、みーんな同じ『薬物依存症』という病気にかかっているんだってこと。病気だから強い意志や根性があったってどうにもならないんですよ」
田代がこう語るのは、3月に発表されたコミックエッセイ『マーシーの薬物リハビリ日記』(泰文堂)にて。

現在、薬物依存症リハビリ施設「日本ダルク」で生活する田代は、講演会などで“薬物体験者”の立場から薬物の怖さを訴えているという。そんな彼が自身の薬物体験やリハビリの日々を赤裸々に綴っているのが、この一冊だ。
「この本を出すということで、ネット上で『田代が芸能界に復帰』と捉えられていますが、それは僕の本意ではありません。ダルクでプログラムを受けるうちに、自分の回復に何が必要なのかを勉強し、その回復のために必要なのは『仲間たちの手助けをする』、そして『仲間たちと共に歩む』ことだと勉強しました。そして仲間たちの力になるため、薬物に手を出しそうな人の歯止めにするため、この本を出しました」(出所報告イベントにて)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「イベント + 静岡」のおすすめ記事

「イベント + 静岡」のおすすめ記事をもっと見る

「イベント + 福岡」のおすすめ記事

「イベント + 福岡」のおすすめ記事をもっと見る

「イベント + 大阪」のおすすめ記事

「イベント + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月9日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. イベント 大阪
  2. イベント 東京
  3. イベント 横浜

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。