review

13日スタート。相葉雅紀主演月9「ようこそ、わが家へ」の見どころを原作から探る

13日スタート。相葉雅紀主演月9「ようこそ、わが家へ」の見どころを原作から探る
相葉雅紀主演のドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ)。原作は池井戸潤の同名小説。
今夜13日(月)、嵐の相葉雅紀主演の“月9”ドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ)がスタートする。

原作は池井戸潤の同名小説。温厚で気弱な主人公が、駅のホームで割り込み乗車をした男に注意を促す。その日を境に自宅の花壇が荒らされ、郵便ポストに瀕死の猫が投げ込まれるなど不審なできごとが次々に起こる。さらに職場でも営業部長の不正に気づいたばかりに、立場が危うくなる。公私ともに窮地に追い込まれながらも、家族で力を合わせ、立ち向かっていくというストーリーだ。

原作では中小企業に出向中の50代の銀行員・倉田太一が主人公だが、ドラマでは相葉演じる倉田の長男・健太を主人公とし、ストーリーを再構築している。女性記者・神取明日香(沢尻エリカ)や倉田の娘・七菜(有村架純)の元カレなど、ドラマ独自のキャラクターも多数登場する。原作とドラマの違いから見どころを探ってみたい。

【1】相葉くんは“見えない敵”とどう闘うのか。
原作では、長男・健太は私立大学の2年生。テレビ番組の制作プロダクションでアルバイトをしている。「そういう奴は、絶対とっちめてやらなきゃダメだ」と犯人捜しにも積極的。及び腰の父親を励まし、犯人に対する反撃のリーダーシップをとる。

一方、ドラマの健太は29歳の売れないデザイナー。もともと気弱で争いごとが大の苦手という性格にも関わらず、仕事の帰り道に柄にもなく、割り込み乗車をした男に注意してしまったという設定だ。記者会見でも「頼りない、意気地がない、仕事もうまくいかない、“三ない主人公”」と紹介されていた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月13日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。