review

バツイチ契約社員の裏の顔。月9「ようこそ、わが家へ」2話

       
ここのところ、山口紗弥加がドラマで演じる役どころに注目させられることが多い。昨年放送の「家族狩り」(TBS系)では、伊藤淳史演じる高校教師に結婚を迫る同僚の教師役がじわじわと怖かったし、この4月に始まった「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」(TBS系、木曜21時~)におけるヤクザの更生のため指の再生手術を請け負う医師役も印象深い。その山口は、今季はさらにもう一作、フジテレビ系の「ようこそ、わが家へ」(月曜21時~)でも、バツイチのアラフォー契約社員という役どころで好演している。

「ようこそ、わが家へ」では、主人公の倉田健太(相葉雅紀)が駅で割り込み乗車をしようとした男に注意したときから、その自宅に何者かによる嫌がらせがあいつぐ。4月20日放送の第2話の冒頭では、倉田家の郵便受けに放り込まれていた傷だらけの猫を、健太の妹の七菜(有村架純)の提案で飼うことになり、一瞬家族の心をなごませるのだが、事件そのものが不気味であることに変わりはない。

ドラマではこの犯人探しを大きな軸に、健太の父・太一(寺尾聰)が銀行から出向して勤める「ナカノ電子部品」社内でのゴタゴタやら、七菜が元カレにつきまとわれていたり、健太の母・珪子(南果歩)が陶芸教室の講師・波戸(眞島秀和)に惹かれつつあったりと、家族がそれぞれに不安要素を抱える様子が描かれる。

このうち健太と太一を取り巻く人々はそれぞれ対になっているようなところがある。健太がひょんなことから知り合った雑誌記者の神取明日香(沢尻エリカ)と犯人探しを進めるのに対し、太一は職場の同僚の西沢摂子とともに、上司の不正を糺そうと動き始める。この摂子を演じるのが山口紗弥加だ。第2話では摂子が領収書から営業部長の真瀬(竹中直人)の横領を嗅ぎつけ、太一から「領収書デカ」の称号(?)を与えられる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「家族狩り」に関する記事

「家族狩り」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「家族狩り」の記事

次に読みたい「家族狩り」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月27日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 家族狩り ドラマ
  2. 家族狩り 中村ゆりか
  3. 家族狩り 北山宏光

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。