朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第15週「1976-1983」

第71回〈2月10日(木)放送 作:藤本有紀、演出:橋爪紳一朗〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第71回 ひなた編に突入 ところで大月家はどこにあるのか教えてもらった
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第72回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


『おしん」がはじまった』

冒頭、『おしん』の第1回のオープニング。テレビの枠の中なので間違えることはないが、音だけ聞いていると『おしん』がはじまったかと思ってしまいそう。ひなた(川栄李奈)は列車に乗って旅に出るおしん(乙羽信子)の姿に自分を重ねる。ひなたはどこに向かっているのか。まだ進路が見えない高校3年生。時に1983年――

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜71回掲載中)

3代目ヒロイン・ひなた編が本格的にはじまり、ひなたは川栄李奈に、お友達の一恵は三浦透子に、小夜子は新川優愛に、悪友の吉之丞は徳永ゆうきになった。

三浦透子は出演作『ドライブ・マイ・カー』がアカデミー賞にノミネートされて話題の的。『ドライブ・マイ・カー』ではミステリアスなドライバー役。主人公(西島秀俊)の車を黙々と運転している姿が印象的だ。『天気の子』の主題歌も歌っていて、どうやら大作づいている。『カムカム』では無邪気に漫画の話をする高校3年生役をやっている。漫画に夢中の表情よりも母・一子(市川実日子)にすこし反抗している表情のほうが似合って見えた。

第70回で生まれた弟は桃太郎野崎春 ※さきはたつさき)と言い、野球に夢中の様子。これは叔父・勇(村上虹郎)に似たのだろうか。母・るい(深津絵里)も野球は得意であった。母に似てよかったと言う錠一郎(オダギリジョー)は相変わらず何もしなでプラプラしている様子。一段とファッションが怪しくなっている。るいにお金をもらって自分で買い揃えてるのだろうか……。

一恵も小夜子もそれなりに将来を見据えているようだが、ひなただけは何をしたいかわからない。このプラプラ感、ひなたは父に似てしまったように感じる。

悩んだひなたは嵐電に乗って条映映画村に向かう。おしんの真似をしてシートに正座して。おしんは年をとってから過去を振り返る旅に出た。ひなたは将来を悩んで、時代劇(過去)のテーマパークに向かう。どちらも「過去」に向かっているのである。嵐電はノスタルジックなタイムマシンのようなムードがあってぴったりだ。

遊び疲れて帰宅して店番をしていると、そこに現れたのは、クレジットによれば“無愛想な男”(本郷奏多)。なんとなく感じ悪いが、安子(上白石萌音)稔(松村北斗)が店先で出会ったことを思い出させる。