朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第15週「1976-1983」

第69回〈2月8日(火)放送 作:藤本有紀、演出:橋爪紳一朗〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第69回 83年の描写に朝ドラ、ドリフ、サザエさん…大河ドラマは?
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第70回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


なぜ大河ドラマは出ないのか

アメリカと日本の距離が描かれた回。地理的にも遠いし、言語的にも遠い。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜69回掲載中)

ビリー(幸本澄樹)がアメリカから来たと知ったひなた(新津ちせ)はアメリカがどこかと錠一郎(オダギリジョー)るい(深津絵里)に聞くと地球儀で教えてくれる。アメリカへのるいのかすかな反応を錠一郎は見逃さない。「遠い?」とひなたが訊くと、るいは「ちょっと遠いね」と答える。

るいにとっては母がいるはずの国、錠一郎にとっては憧れのジャズの本場。ふたりとも行きたいと思っていたけれど、行くことは実現していない。それを今度は娘がアメリカ人に恋して英語を習おうとするようになるとは因果である。

ところが、ひなたの英語の勉強がかはどらない。なぜなら、テレビ番組を観たり、人気漫画を読んだり、ほかにすることが満載だからだ。

日本は高度成長期を経てバブル目前に控えている頃、文化的にも歌謡曲やお笑いやアニメや漫画など日本独特のものが進化していた時期である。歌謡曲やアニメは欧米の文化の影響を受けてガラパゴス状態の日本で独自に進化を遂げた。漫画は欧米が日本の独特の表現に注目するくらいになったし、アニメもそう。

お笑いだけは欧米の影響を受けず、欧米に注目されることもなく、日本独自のものとして存在している稀有なもののような気がする。笑いはその原点の落語がそうであるように、絵や音楽と違って言葉が肝。チャップリンのような身体性で笑わせるものではなく言葉遊びを楽しむものなので、言葉が通じないと伝わらないのである。

一恵(清水美怜)のことを山口百恵の百分の一とする言葉遊びも日本語がわかるから楽しめるものであり、これを英語に翻訳したらどういうふうにするか翻訳家の腕の見せどころになるだろう。シェイクスピアの言葉遊びを翻訳している方たちは本当にすごい。

この時代(76年)の一般家庭の過ごし方を、朝ドラ、ドリフ、サザエさん、世界名作劇場、ノストラダムスの大予言……とテレビ番組を通じて描いていたが、なぜか大河ドラマは出てこない。サザエさん、名作劇場のあとは大河だろーと思ったが、ひなたはお風呂に入ってしまう。大河は日本独自の時代劇文化であるため、近代化した日本の風景から外れるのだと思う。ちなみに76年は平将門が主人公の『風と雲と虹と』だった。

言葉の違いは不便なもののように思うし、逆に独特の良さがあるという意味では尊い。その言葉の壁にひなたは苦しむことになる。

けっきょく「英語会話の習慣は途絶えてしまいました」(ナレーション:城田優


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第69回 83年の描写に朝ドラ、ドリフ、サザエさん…大河ドラマは?」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第69回 83年の描写に朝ドラ、ドリフ、サザエさん…大河ドラマは?」の画像2