review

下手くそな演奏を描くアニメ「響け!ユーフォニアム」

下手くそな演奏を描くアニメ「響け!ユーフォニアム」
『響け!ユーフォニアム』は見た目のビジュアルと違って、吹奏楽の「なんとなくやる気ない」部分を生々しく描いたギスギスアニメ。ダメ金までいったヒロインの久美子は、前に一歩踏み出せるのか。にしても低音が主役になっている音楽アニメって相当珍しいのではないですかね。
こんにちは、子供の時、吹奏楽サークルでホルン吹いていたぼくです。
下手くそすぎて、あっという間に幽霊部員になりました。
……吹奏楽における「下手くそ」ってなんだろう?

『響け!ユーフォニアム』は京都アニメーション制作の、吹奏楽部アニメ。
1話で高校に入学した黄前久美子が、先輩たちの演奏を聞いて言います。
「下手すぎる」

まずは、聞いてみてください。
響け!ユーフォニアム 第1話「ようこそハイスクール」(ニコニコ動画)
2分45秒からです。

うん、決して「上手く」はないよね。息漏れで音がピュッって飛んでる子もいるし。
けど、これって「どうしようもないへたくそ」なんですかね?

前列で聞いている子たちは「わーすごーい」という顔。喜んでるよ。
多分ぼくも、町中のパフォーマンスでこれを聞いたら足を止めると思う。
全く手に負えないレベルの演奏じゃない。
だけど、久美子にとっては「下手くそ」。

わかっている子の悩み


黄前久美子の通っていた中学は、京都府吹奏楽コンクールで金賞を取るほどの学校。彼女はそこで、ユーフォニアムを吹いていた経験者。
ただしダメ金(金賞だけど、さらに上の大会には出場できない)。

久美子が「下手すぎる」と高校の吹奏楽部に感じたのは
・ピッチ(音の高さ)が整っていない。
・リズムがあっていない。
各々に「そろえる」という意識が欠如している。

途中から川島緑輝(サファイア)という名門お嬢様学校でコントラバスを弾いていた子、楽器初心者の...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2015年4月28日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース