review

女子のからだのタブーを擬人化し連載中止になった『あいこのまーちゃん』ついに出版へ

女子のからだのタブーを擬人化し連載中止になった『あいこのまーちゃん』ついに出版へ
女性器をテーマに扱った『あいこのまーちゃん』。突然の連載中止、そこからの復活劇を遂げてようやく出版された作品です。女性器を描くのはそこまでタブーなんだろうか。
ベルギー・ブリュッセルに堂々と飾られている「小便小僧」。毎日洋服を着せ替えるなど、イベントも多い観光スポットです。
対になるネタとして、屈んで放尿する「小便少女」の像も、同じブリュッセル市内に作られています。
ところがどうも、こちらは市民には良く思われていない。
裏路地のような場所で、鉄格子で覆われている彼女。観客はほとんどなし。
「リアルすぎて笑えない」んだって。

『あいこのまーちゃん』は、女性器をテーマにしたマンガ。
2014年6月27日に、連載開始2日後というところで、突如連載取り消しが決まりました。
その単行本が、クラウドファウンディングなどの苦労を経て、2015年4月28日ついに発売されました。

主人公のあいこは、天真爛漫な女子中学1年生。
ある日、クラスのみんながすでに生理が来ていることを彼女は気にしていました。
すると突然、彼女の股間に顔が現れて、吐血します。
この顔、とにかく色々しゃべる。あいこが彼女につけた名前は「まーちゃん」。
まーちゃんとあいこが会話しながら、楽しく暮らす日々が始まります。

会話シーンは当然、あいこは下半身すっぱだか。と言っても股間は「まーちゃん」の顔です。
他の子の股間も、あいこから見ると顔に見えるらしい。
自然体験合宿では、クラスメイトの陰毛をみて「みんなひげが生えている!」とショックを受けます。
ナプキンサイズはまーちゃんと相談。サイズがあわない時、まーちゃんは血まみれで大変な有り様に。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース