review

時代劇研究家・春日太一はどう観たか。ゲキ×シネ公開「蒼の乱」を斬る2〜劇団☆新感線の功績

時代劇研究家・春日太一さんは、時代劇に関する知識は膨大にあり、取材研究を欠かさないにもかかわらず、あくまで観客の目線で時代劇を見て文章を書くという春日さん。そんな春日さんは劇団☆新感線にも、その観客に寄り添う精神を感じていた。
“春日太一さん、「蒼の乱」を見る”の後編は、これからの時代劇に必要な俳優についても伺った。春日さんの愛ゆえの厳しい視点が炸裂します。時代劇に限らず、評論を書きたいひとも必読です。
前編はこちら
春日太一「なぜ時代劇は滅びるのか」(新潮新書) Kindle版

春日「話は時代劇からずれますが、映画を年間200本観ている人は、日本人の平均、つまり年間、1、2本くらいしか見ない人の感覚には戻れないんですよ。だから、ぼくは、仕事関係でどうしても必要な場合以外、今は映画をあまり観ないようにしているんです」
――200本のうちの1本になにを選ぶかが大きいのに、200本見放題の専門家にはそういうギリギリ感がないですものね。
春日「ぼくは年に1本しか映画を観ないひとたちに、映画面白いな、時代劇観てみようかなって思ってもらうように文章を書いています。ですから、彼らの感覚を少しでも体で理解できるよう、この仕事(時代劇研究家)をはじめてから、仕事でどうしても必要なときをのぞいて、個人として映画館で観る場合は、前年の統計からわかった平均年間映画観覧の数だけしか見ないようにしています。すると、だいたいいつも1回か2回になります。結果、選ぶのは、13年の場合なら『風立ちぬ』や『かぐや姫の物語』なんですよ。なぜそれを選ぶかというと、友達と話題を合わせるためなんですよね。」

この記事の画像

「時代劇研究家・春日太一はどう観たか。ゲキ×シネ公開「蒼の乱」を斬る2〜劇団☆新感線の功績」の画像1 「時代劇研究家・春日太一はどう観たか。ゲキ×シネ公開「蒼の乱」を斬る2〜劇団☆新感線の功績」の画像2 「時代劇研究家・春日太一はどう観たか。ゲキ×シネ公開「蒼の乱」を斬る2〜劇団☆新感線の功績」の画像3 「時代劇研究家・春日太一はどう観たか。ゲキ×シネ公開「蒼の乱」を斬る2〜劇団☆新感線の功績」の画像4
「時代劇研究家・春日太一はどう観たか。ゲキ×シネ公開「蒼の乱」を斬る2〜劇団☆新感線の功績」の画像5
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク