review

生まれたばかりの我が子を見て「ハズレだ」と言った母親の心理。産婦人科実録作者に聞く2

「生」の現場で働く看護師から、風俗嬢という「性」の現場へ。インタビューの後編では、さまざまな職を経て、『透明なゆりかご』を描くに至った経緯、思いについてうかがっていく。
(前編はこちら
生まれたばかりの我が子を見て「ハズレだ」と言った母親の心理。産婦人科実録作者に聞く2
『透明なゆりかご』(沖田×華/講談社刊)

「産んだら幸せ」「母性はあって当然」


──今までの沖田さんの作品はご自身の発達障害や家族のことを描いたものが多かったと思います。なぜこの漫画を描こうと思ったのでしょうか?
沖田 もともとは医療モノが好きだったのですが、ずっと違和感がありました。特に出産・妊娠に関するお話は、「色々な困難があったけれど、産んだら皆幸せ」というオチになるものが多いんですよね。でも現実は産んだら終わりじゃない。赤ちゃんが無事に生まれたら家族の人生は幸せなまま終わるのかといったら、そういうケースばかりではありません。わたしがいた病院では普通に結婚して子供を産む人が半分、そうじゃない人が半分。もちろん産まなかった人もいて、全然少数ではありませんでした。
──この漫画で沖田さんが「これだけは描かない」と考えていることはありますか?
沖田 バイトをしている時、妊娠した女性が男にも親にも責められて、誰も味方がいない状況になっているのがとても不思議でした。子供をつくるのは一人じゃできないのに、どうして責任は女性だけが負っているのかと。産まないという選択肢は良いイメージのことではありませんが、考えた末の結論であり、結果です。妊娠・中絶という結果にスポットを当てるのではなく、それぞれの事情や背景をしっかり描こうと思っています。産まない選択をした人が悪、という簡単な図式にするつもりはありません。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2015年5月14日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース