review

あの文豪の長女も書いていたボーイズラブ『古典BL小説集』

今や一つのジャンルとして浸透している、BL(ボーイズラブ)。
これまでに『ゲイ短編小説集』『レズビアン短編小説集』という、異色のアンソロジーを出してきた平凡社ライブラリーが、このジャンルを見逃すはずはありませんでした。
あの文豪の長女も書いていたボーイズラブ『古典BL小説集』
『古典BL小説集』笠間千浪編(平凡社ライブラリー)

『古典BL小説集』の収録作7篇は、19世紀後半から20世紀中頃の〈女性作家が書く男性同士のホモエロティックな(関係が含まれている)物語〉の中から選ばれているのが大きな特徴。
腐女子視点のものもあれば、社会派なものもありと、作者のキャラクターも含めてバラエティに富んでいます。
たとえば・・・・・・

男装作家が書くBL


ラルシドは、男社会に作家としての自分を認めさせるために行った、男装パフォーマンスでも注目を集めたフランスの作家。
その倒錯した社会へのアプローチ方法は、収録作の「自然を逸する者たち」(1897年作)にも反映されています。
主人公・ルトレールは32歳の男爵。早くに両親を亡くした彼は、父親代わりとなって育ててきた13も年下の弟・ポールに恋心を抱くようになります。
ところが、領地の教会を放火した少女・マリーを召し抱えたことから、事態は思わぬ方向に。
マリーを我が物にしようと狙い、兄に好意を抱いていると知るや彼女の髪の毛を切ってしまうわがままなポール。
一方、弟の身勝手な振る舞いに家長としてのプライドを傷つけられたルトレールは、ポールを杖で叩きまくり、嫉妬も相まってマリーを拒絶し続けます。

あわせて読みたい

  • テニス小説『ウィンブルドン』が凄い

    テニス小説『ウィンブルドン』が凄い

  • 腐男子とはなんなのか。男が好きだからBLを読むんじゃないんだぜ

    腐男子とはなんなのか。男が好きだからBLを読むんじゃないんだぜ

  • 男なんかいらない、女の子同士がいいんじゃないか!「百合男子」増加中!?

    男なんかいらない、女の子同士がいいんじゃないか!「百合男子」増加中!?

  • レビューの記事をもっと見る 2015年6月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら