UVERworld ライブを見据えた“踊れる曲”「I LOVE THE WORLD」/インタビュー

 
UVERworld ライブを見据えた“踊れる曲”「I LOVE THE WORLD」/インタビュー

■New Single『I LOVE THE WORLD』インタビュー(1/3)

10周年目の振り切り方と、1000日目の答え

現在、7月にスタートした『UVERworld LIVE TOUR 2015』真っ最中で、続けて『UVERworld “15&10”Anniversary Tour』を年内いっぱい行なうUVERworld。結成15周年&デビュー10周年を記念したツアーであり、会場はライブハウスからホール、そしてアリーナまで様々。しかも女祭りや男祭りまであるという、てんこ盛りのツアーでもある。そんな中、8月26日にはニュー・シングル『I LOVE THE WORLD』を発表。表題曲は今回のツアーを見据えた曲で、シングル発売後からはライブナンバーの1曲として威力を発揮しているはず。ツアー後半に向け、スタジオで何やら極秘作業中のメンバー6人に、シングルに収録された3曲について、そしてデビュー前後の自分について語ってもらった。
(取材・文/長谷川幸信)

“踊れる曲”という共通意識を持ちながら、音の雰囲気やエッジ感を厳選しました(克哉)

――今年の夏も精力的にライブ活動を続けていますね。

TAKUYA∞:ホールライブ自体が久しぶりなので、ホールの感覚を思い出しつつで。

――ホールライブというのは全然違うもんなんですか? ステージに立つ機会がないと、ステージの面積とか会場の広さが違うぐらいしか思わないんですよ。だったらステージに立ってから確かめりゃいいだろ、と言われそうですけど(笑)。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク