椎名林檎 初の台湾公演の模様を詳細に伝える/ライブレポート

 
椎名林檎 初の台湾公演の模様を詳細に伝える/ライブレポート
撮影/荒井俊哉

■椎名林檎 (生)林檎博’15 −垂涎三尺−
2015.08.16(SUN) at 台湾・台北南港展覧館(Nangang Exhibition Hall)
(※画像9点)

まさに“垂涎三尺”(=よだれが出るほどの)!! 初の台湾公演を大成功させた椎名林檎

まだあの日の興奮の余韻が消えない。8月16日、椎名林檎は台北南港展覧館で椎名林檎『(生)林檎博’15~垂涎三尺~』を行った。彼女にとって初の海外遠征となるこの公演、チケットは早々にソールドアウトとなり、現地メディアの関心も高く、椎名が台北松山空港に到着した際には、多くの現地ファンの熱烈な歓迎から、一時場が騒然としたほどだった。また公演当日の会場では朝からオフィシャルグッズを求めるファンによる長蛇の列が見られるなど、様々な角度からこの公演への強い期待感が伝わってきた。

椎名林檎 初の台湾公演の模様を詳細に伝える/ライブレポート
撮影/荒井俊哉

台北南港展覧館は広く平たい多目的会場である。日本に置き換えると、千葉の幕張メッセのような、と言えばある程度はイメージしてもらえるだろうか。チケット10,000人分のソールドアウトが、彼女の現地での人気ぶりを理解してもらえるのではなかろうか。

椎名林檎 初の台湾公演の模様を詳細に伝える/ライブレポート
撮影/荒井俊哉

そんな注目のなか幕を開けた本編の1曲目は「茎~大名遊ビ編~」。祭壇を祀り崇める巫女のような出で立ちで神秘的に演舞するダンサーは、この公演で椎名のライブに初参加となったSAYAとYUKA(from ELEVENPLAY)だ。この二人を左右に従え、朱赤の長襦袢を着た椎名が床に膝を付いた姿勢からゆっくりと立ち上がり姿を現わすと、観客の興奮は早々にピークへと達した。筆者はこれまでも彼女のステージを何度も観てきたが、この登場の瞬間の神々しさには、思わず電流みたいな鳥肌が全身を駆け巡った。

あわせて読みたい

  • aikoがくれた新たな夏の思い出 3年ぶり野外フリーライブに36000人が集合/ライブレポート

    aikoがくれた新たな夏の思い出 3年ぶり野外フリーライブに36000人が集合/ライブレポート

  • ゆず 弾き語りライブで6万人を笑顔に。『二人参客 in 横浜スタジアム』/ライブレポート

    ゆず 弾き語りライブで6万人を笑顔に。『二人参客 in 横浜スタジアム』/ライブレポート

  • EXO a-nationに初参戦! 11月4日に日本初シングルのリリースも発表/ライブレポート

    EXO a-nationに初参戦! 11月4日に日本初シングルのリリースも発表/ライブレポート

  • 気になるキーワード

    エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2015年9月9日の音楽記事
    「椎名林檎 初の台湾公演の模様を詳細に伝える/ライブレポート」の みんなの反応 2
    • ハヤテのごとく 通報

      平田研也

      1
    • 川原誠也 通報

      椎名林檎

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「氣志團」のニュース

    次に読みたい関連記事「氣志團」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「宇多田ヒカル」のニュース

    次に読みたい関連記事「宇多田ヒカル」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「エレファントカシマシ」のニュース

    次に読みたい関連記事「エレファントカシマシ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース