漫画家生活11年で初の短編集『ユー ガッタ ラブソング 鳥飼茜短編集』が発売になった漫画家の鳥飼茜さん。現在『おんなのいえ』『先生の白い嘘』など複数の雑誌で連載を抱える鳥飼さんに漫画への思いをうかがった。

「僕は鳥飼さんに会うのが怖い」


──『先生の白い嘘』(「モーニング・ツー」連載中/講談社刊)は、嫌悪や恐怖など性へのさまざまな感情を扱い、かなり踏み込んだところまで描いた作品ですよね。掲載誌的には男性読者も多いと思うのですが、どんな反応がありましたか?
鳥飼 『先生の白い嘘』は、男性読者さんがイヤな気持ちになる作品だろうなって思ってて。怒る人もいるだろうなと。そういった反発意見も含めて受け止めて描こうという姿勢だったんです。ところが蓋を開けたら全然違っていて、男性でも「良い」って言ってくれる方が結構いまして。特に早藤くんというキャラに対して、皆さんいろんな感情をつぶやいてくれます。彼は男性経験のない女性ばかりを狙って巧みに手ごめにする鬼畜なので、本来女性の敵です。けど、「早藤をこてんぱんにして欲しい」とか「ぎゃふんと言わせて」と言っているのは男性が多いんですよ。これは謎現象でした(笑)。あと、こないだはある作家さんに「『先生の白い嘘』を読んで鳥飼さんに会うのと、読まないで会うのとでは全然印象が違う。僕は鳥飼さん(に会うの)が怖いです」と言われました。他に直接いただいた声としては、知り合いの編集の方に『初めて同性キャラを怖いと感じた」みたいな感想がありました。

この記事の画像

「“自分以外の誰かが決めた女らしさ”から解放されたい『おんなのいえ』鳥飼茜に聞く」の画像1 「“自分以外の誰かが決めた女らしさ”から解放されたい『おんなのいえ』鳥飼茜に聞く」の画像2 「“自分以外の誰かが決めた女らしさ”から解放されたい『おんなのいえ』鳥飼茜に聞く」の画像3 「“自分以外の誰かが決めた女らしさ”から解放されたい『おんなのいえ』鳥飼茜に聞く」の画像4