90s

華原朋美や宮沢りえも 自殺未遂が報道された芸能人たち

今月5日、「女優の田畑智子が自殺未遂をした」というニュースが飛び込んできた(後に所属事務所が否定)。しかし振り返ってみると、本人にその意思があろうとなかろうと、自殺未遂報道をされた芸能人は結構多いことが分かる。そこで今回は自殺未遂報道があった芸能人を紹介していこう。

【中森明菜】


1989年7月11日、当時交際していた近藤真彦宅の浴室で手を切り自殺を図った。かなりの傷の深さで、切れた血管や神経をつなぐ手術は6時間に及んだそう。自殺を図った理由は結婚を望んでいたが、近藤に結婚する意志がなかったから、近藤真彦と松田聖子のNY密会報道でショックを受けたからだといわれている。
また、この年の大みそかに近藤とともに明菜は謝罪会見を開いたが、会見場には金屏風が用意され、かなり不可解なものだった(もちろん金屏風はおめでたい場で使われる)。このことから、ジャニーズ事務所は明菜に「婚約会見をします」と伝えており、騙まし討ちをする形だったのではとも噂される。

【宮沢りえ】


1994年9月に京都のホテルで歌舞伎役者の故・中村勘三郎と会った後、同ホテル別室で手首を切り、病院へと運ばれた。真意はいまだ不明だが、当時りえと勘三郎は愛人関係にあり、そのもつれから自殺未遂を起こしたのではないかと推測される。
この一連の出来事で病んでしまったのか、翌年には「激やせ」と各メディアで報じられ、一時期は芸能活動休止状態となった。

【華原朋美】


編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク