90s

椎名桔平の全裸CMも話題に ラ王が切り開いたカップめん新時代

椎名桔平の全裸CMも話題に ラ王が切り開いたカップめん新時代
画像は日清ラ王公式サイト「ラ王の歴史」のスクリーンショット

久しぶりに手に取ったカップラーメン「日清 ラ王」。
発売当初を知る者としては、現在のノンフライめんがやはり納得がいかない。
ラ王といえば、真空パウチされた生めんが最大の特徴だった。
一人暮らしを始めたばかりの筆者にとって、カップめんは生活に欠かせない楽しみのひとつ。生めんであることの個性は、数多くのラインアップの中から選ぶに十分な理由だった。
しかし、ラ王は2010年の段階で乾めんタイプのノンフライめんに移行し、容器も丸から八角形へ。とっくの昔に「2代目ラ王」に進化している。
そういえば、このお披露目CMがいきなり放送自粛になったのは記憶に新しいところ。
照英をメインに槍ヶ岳でCM撮影中、一般登山者の登頂を妨害したとして騒動になったのである。

当時に比べれば味も格段によくなっているのだろうが、パウチされた生めんの独特な香り、どうしてもぬるくなってしまうもどかしさもラ王ならではの味わいだった。
「ラ!ラ!ラ王~~~~!!」と叫ぶ初代を始め、90年代CMはどれも“濃厚”だった印象。
インパクト抜群のCMたちを思い出さずにはいられないのである。


深夜を中心にCMを連発し市民権を得たラ王


カップ入り生タイプ即席めんの元祖のイメージが強いラ王だが、実は1989年に島田屋本店が発売した「真打ちうどん」こそが元祖。ラーメンのジャンルでも1991年に明星食品が発売した「夜食亭」の方が早いようだ。
しかし、生タイプ即席めんは有機酸溶液で処理して滅菌するため、アルカリ性のかんすいを利用するラーメンでは問題が多く、なかなか定着まで至らなかったという。
各社が試行錯誤するなか、いち早く技術的にこの問題を克服したのが日清食品だった。
1992年についに「日清 ラ王」が登場。生タイプであることを強調したCMを大量投下し、一気に認知を拡大したのである。

「ラ!ラ!ラ王~~~~!!」のフレーズが鳴り響いたのは、深夜が特に多かった印象だ。
赤井英和と金山一彦がうまそうにラ王をすすりまくるのが、空きっ腹をくすぐりまくる。
実際味わってみると、シコシコ食感にツルッとしたのどごしは、当時の乾めんにはなかった特徴。お湯を入れてわずか1分で楽しめることも画期的だった。
93年には約1億5,000万食を、95年には約4億8,000万食を販売したというから、凄まじい人気だ。
ラ王の技術を応用した、同じく生タイプの「日清のごんぶと」「日清Spa王」など、うどんやスパゲティタイプの派生バリエーションも登場。カップめん業界に生めんという新たな流れを生み出したのである。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「椎名桔平の全裸CMも話題に ラ王が切り開いたカップめん新時代」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    今のはマズくて食えないから、生麺復活希望

    1
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月25日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。