90s

『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』ジャンプ連載時は人気が低迷していた!?


10月から放送が始まった『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』。
アニメシリーズでは4期目となるが、今回も原作がほぼ完全再現される模様。現状、作画も声優のマッチングもベネ(よし)! ファンも納得のクオリティで、今後の展開が非常に楽しみだ。
今回のアニメは、週刊少年ジャンプで連載されていた原作漫画の第5部にあたる。
そこで、ジョジョ連載中のジャンプをリアルタイムで愛読し続け、コミックスも全巻コンプリートの筆者が、連載当時のリアルタイムな感想や時代背景を語らせていただきたいッ!
初心者向けではないかもですが……かまいませんね!!


あの「マサルさん」と同時スタート! ジョジョ5部は期待されていなかった!?


『ジョジョの奇妙な冒険』第5部の連載は、少年ジャンプ95年52号から始まっている。
連載当時のサブタイトルは「第5部ジョルノ・ジョバァーナ 【黄金なる遺産】」。 『黄金の風』になったのは、他のシリーズ同様、第6部『ストーン・オーシャン』以降になる。
連載は、『セクシーコマンドー外伝すごいよ!!マサルさん』との同時スタートだった。表紙も『マサルさん』であり、囲みでの告知もなし。
51号で第4部が完結しており、休載なしのスタートだったのだが、その51号の掲載順位は巻末から2番目のブービー。といっても、巻末が定位置だった『王様はロバ-はったり帝国の逆襲-』の前だから、実質的には最下位になる。
元々マニアが支える作品だったので、人気アンケートには反映されにくかったのかも知れないが、ジャンプではやはり「異端」の位置づけといったところか。
作者の荒木飛呂彦先生の52号巻末でのコメントは「雷が鳴るたび、仕事場のブレーカーが落ちて停電。『安全な証拠』と電力会社は言うが…」という、マイペースすぎる内容。
過去を振り返る企画や作者インタビューなどの企画物もなく、どちらかというと、ひっそりと第5部はスタートしている印象だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

90s チョベリーの記事をもっと見る 2018年12月7日の90s チョベリー記事
「『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』ジャンプ連載時は人気が低迷していた!?」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    4部のように下手に承太郎を出したら、ジョルノも活躍の場を奪われかねないので、承太郎は劇中通りの出番でちょうどいい

    1
  • 匿名さん 通報

    無駄に長い連載をしてる漫画はつまらない。新鮮味ゼロ。

    1
  • 匿名さん 通報

    作者の荒木飛呂彦氏は性急な短気者であろう。

    0
  • 匿名さん 通報

    キン肉マンの作者ゆでたまご氏も荒木飛呂彦氏と共通して性急な短気者であろう。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「りぼん」のニュース

次に読みたい関連記事「りぼん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「週刊少年マガジン」のニュース

次に読みたい関連記事「週刊少年マガジン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジャンプスクエア」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャンプスクエア」のニュースをもっと見る

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース