review

当初の敵は「お父さん」と「お母さん」だった。映画「プリンセスプリキュア」監督に聞く

10月31日から公開している「映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!」。3本立てのひとつ、長編セルアニメーション作品「パンプキン王国のたからもの」は、パンプキン王国の姫・パンプルルを、プリキュアたちが助ける物語だ。
企画の経緯やストーリー秘話、3本立てならではの苦労を、監督の座古明史さんと、アシスタントプロデューサーの二階堂里紗さんにうかがった。
当初の敵は「お父さん」と「お母さん」だった。映画「プリンセスプリキュア」監督に聞く
座古明史(ざこ・あきふみ):茨城県出身。主な参加作品にTVプリキュアシリーズなど。「フレッシュプリキュア!」後期シリーズディレクター、「トリコ」シリーズディレクター、「劇場版トリコ 美食神の超食宝(スペシャルメニュー)」監督も務める。東映アニメーション所属。

「今度劇場をやるんだけど」「はいやります!」


──座古監督は長らく「プリキュア」シリーズに関わっていますが、監督として参加されるのは初めてですね。どのような経緯で長編の監督を担当されることになったのでしょうか。

座古 僕の演出デビューが、シリーズ初代の「ふたりはプリキュア」。そこから「フレッシュプリキュア!」まで、基本的にプリキュアの演出をやっていて、「劇場の監督をいつかやりたいな」という気持ちはずっと僕の中にありました。そこでプリキュアシリーズでも「トリコ」でも一緒に仕事をしていた鷲尾天プロデューサーから「今度劇場をやるんだけど、どうですか?」と訊かれて、「はいやります!」と食い気味で返事をさせてもらいました(笑)。

──鷲尾プロデューサーから話があったときから、今と同じ「3本立て」企画だったんですか?

座古 いえ、最初は例年通りの秋のプリキュア映画で、というお話でした。ただ、「CGで5分の短編をやろうと思っている」という話はありましたね。それが途中で、「CGの中編も加えて、3本立てにします」という形になったんだと記憶しています。ちょうどシナリオのベースになるものができたくらいの段階だったかな。二階堂さんが企画に加わったのもちょうどそれくらいですよね?

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月13日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。