90s

音楽シーンを一変させた宇多田ヒカル デビュー当時の衝撃とは

音楽シーンを一変させた宇多田ヒカル デビュー当時の衝撃とは
2010年12月のライブを最後に、音楽活動を休止している宇多田ヒカルの周辺が騒がしくなって来た。この春、新作アルバムが発売されるのでは?と噂されているのだ。リリースとなると、2008年3月発売の5作目『HEART STATION』以来、8年ぶりとなる。
衝撃のデビューから17年、あらためて当時の音楽シーンに与えた衝撃を振り返りたい。

初登場はベスト10圏外だった『Automatic』


1998年12月9日、15歳で発売されたデビュー曲『Automatic/time will tell』。実は初登場時のオリコンチャートではベスト10圏外となっている。

当時は8cmシングルから12cmシングルに移行し始めた過渡期。宇多田ヒカルも3作目までは両方を発売していたが、オリコンのランキングでは8cm盤と12cm盤を別物として集計していたので、12cm盤が12位、8cm盤が20位の記録となっている。それぞれの売上も2.4万枚、1.7万枚と特筆すべき枚数ではない。
それが、なぜここまでの大ヒットとなったのだろうか?

音楽のプロ達が太鼓判を押す逸材だった宇多田ヒカル


そもそも、当初のプロモーションはラジオ出演のみだった。しかし、曲を聴いた音楽のプロ達がこぞって絶賛。外資系CDショップや各地のFMラジオ局が大プッシュすることとなったのだ。
さらに、CS放送時代の到来と重なったことも大きかった。デビュー曲は両A面扱いとあって2曲ともプロモーションビデオが作られているが、そのどちらもが当時のMTVやスペースシャワーTVなどの音楽チャンネルで連日ヘビロテされていた。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年1月15日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース