いつの時代も人気を誇る野球マンガ。そのジャンルにおいて、現在進行形で面白い作品は何なのか? スマホマガジン『週刊野球太郎』編集部、野球マンガ評論家のツクイヨシヒサ氏、そして私、エキレビ・野球担当のオグマナオトで、今読むべき「この野球マンガがすごい2016」を選定していく。

2010年代を代表した『砂の栄冠』と『球場ラヴァーズ』の終焉


野球太郎 連載中の作品の話をする前に、2015年の野球マンガ事情を振り返りたいと思います。

オグマ 『砂の栄冠』が遂に最終回を迎えました。間違いなく、2010年代の野球マンガを代表する作品だったかと思います。
決定「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2016
『砂の栄冠』(三田紀房/講談社)。2010年連載スタート。主人公・七嶋裕之が自チームを応援する老人から1000万円を託され、その金で甲子園出場を目指す。※全25巻

ツクイ “七嶋無双”なんて言われた時期もありましたけども、いい終わり方だったんじゃないですかね。

オグマ 出発点は「1000万円で甲子園出場を買う」という変化球がテーマでしたが、結局、王道野球マンガに着地したというか。最後は甲子園準決勝で、大谷翔平をモデルにした投手がいる岩手県代表と対戦。三田先生は岩手出身ですし、『クロカン!』の最後の相手も岩手県代表。描きたいことを描ききった感はあります。

ツクイ 甲子園のヒーローとはなんぞや、というところまで一応、行き着きましたからね。それ以外の「眉毛戦争」とか、ブラスバンドどこいった問題などはありますけど(笑)、この作品でしか投げられなかったテーマがたくさんあったと思うんです。そこにどんどん球を投げ込んでいったのはさすが三田先生だと思います。あとは、「ガーソ地蔵問題」。これから先、実際の高校野球において「なぜここで動かないの!?」という場面が訪れたら、絶対にその監督は「ガーソ」ってディスられるでしょう? それぐらい、高校野球マンガ史上に残るインパクトのあるキャラクターでした。

この記事の画像

「決定「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2016」の画像1 「決定「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2016」の画像2 「決定「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2016」の画像3 「決定「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2016」の画像4
「決定「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2016」の画像5 「決定「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2016」の画像6 「決定「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2016」の画像7 「決定「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2016」の画像8
「決定「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2016」の画像9 「決定「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2016」の画像10 「決定「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2016」の画像11