review

「我が子を殺す親の事情」なんてあるのか。角田光代『坂の途中の家』

「我が子を殺す親の事情」なんてあるのか。角田光代『坂の途中の家』
『坂の途中の家』角田光代/朝日新聞出版
       
我が子を手にかける鬼のような母親、という物言い。
ベビーカー論争に代表される、公共マナーとしつけを巡る果てしない議論。
「イクメン」という言葉に見られる、ジェンダーの非対称性。

1冊の小説を読み始めてから本を閉じるまで、さまざまな言説が脳裏を掠めて消えていった。
角田光代『坂の途中の家』である。とても恐いサスペンスであると同時に、考えるための種を読者に植えつける、示唆に富んだ作品でもあった。これほどまでに読んでよかったと思わせる小説はない。性別や職業、年齢などの立場を問わず、多くの人に手にとってもらいたい。

平凡な主婦が平凡な主婦を裁く場に出る


構成は入り組んだものではなく、あらすじを簡単に書くことができる。
ある日、山咲里沙子の元に裁判所からの手紙が舞い込んだ。裁判員候補者として選ばれたというのだ。乳幼児の虐待死を巡るもので、都内に住む30代の女性が浴槽で8ヶ月になる長女を死に至らしめた事件であるという。現在の里沙子は専業主婦で、2歳になる娘の文香の育児に追われている。自分とさほど代わらない立場の人が裁かれる場にいるということに不安を覚えつつ、彼女は毎日裁判所に足を運び始める。

これだけ。あとは「公判一日目」「二日目」といった具合に裁判の状況が淡々と描かれていくだけだ。いや、それと同等の重みをもって里沙子の生活も描かれる。彼女の家はJR中央線沿線にあると思われるが、地方裁判所のある霞が関の前に夫の父母が住む浦和まで行き、文香を預けなければいけない。乗り換えが2回ある、と書かれているので、中央線から武蔵野線経由で京浜東北線に乗るか、新宿で埼京線に乗り換えるかしていると思われるが、毎日幼児を連れて行くには大変な道のりである。仮に吉祥寺〜浦和だとしても1時間弱だ。それを往復しなければならないのである(しかも帰りに『裁判で忙しくてろくな物も食べられないだろうから』と義理の母にお惣菜の詰まった重い荷物を持たされたりする)。このへんの描写には非常に現実味があり、読んでいるこちらまで疲れてくる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「我が子を殺す親の事情」なんてあるのか。角田光代『坂の途中の家』」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    子供が産めないと一生この主人公の気持ちは分からないという事ですね。マタハラだ何だと騒ぐ前に、それが産めない女の人をどんなに傷付けているか自覚して欲しいです。

    3
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。