review

電車路線図を「縦・横・斜め」の線にデザインしたのは誰か

電車の中吊りや手帳の付録など、ついぼんやり眺めてしまう路線図。よく見ると、縦・横・斜め45度の直線で描かれているものが多い。

このデザインは日本に限ったものではなく、世界中で見られるもの。いつから路線図は「縦・横・斜め」の直線で描かれるようになったのか。結論から言うと、鉄道を生んだ国・イギリスから歴史が始まっている。
Mark Ovenden『Transit Maps of the World』。世界中の路線図を収集した一冊。表紙はロンドン地下鉄をモチーフに、世界中の国をつなげた路線図になっている。


世界初の路線図は?


世界で初めて蒸気機関車による営業運行を行ったのは、イギリスのストックトン・アンド・ダーリントン鉄道(1825年)。鉄道ができたということは路線図も描かれてそう…だが、青木栄一『交通地理学の方法と展開』によれば、当時の時刻表はあるが路線図は残っていないらしい。その代わり、運河地図に鉄道が併記されていたそうだ。
電車路線図を「縦・横・斜め」の線にデザインしたのは誰か
"Bradshaw's Railway of Map of Great Britain"より

世界初の路線図は、世界初の時刻表に載っている。1839年に刊行された『ブラッドショウ・イギリス鉄道地図』がそれだ。巻頭の口絵に路線図が掲載され、通常のイギリスの地図の上に路線を重ねあわせて描かれている。

ちなみにこの『ブラッドショウ・イギリス鉄道地図』、『恐怖の谷』などシャーロック・ホームズに「ブラッドショー」の名前でたびたび登場している。ホームズの移動にも使われているのだった。

現在の路線図デザインはロンドン地下鉄から


地図がベースの路線図は路線が増えていくと複雑さを増し、経路や乗換がパッとわからなくなってしまう。

この問題を解決したのが、縦・横・斜め45度でデザインされた「ダイヤグラム型」路線図。この形式を最初に考えたのは、ロンドン地下鉄の技術者、ハリー・ベックだった。

この記事の画像

「電車路線図を「縦・横・斜め」の線にデザインしたのは誰か」の画像1 「電車路線図を「縦・横・斜め」の線にデザインしたのは誰か」の画像2 「電車路線図を「縦・横・斜め」の線にデザインしたのは誰か」の画像3 「電車路線図を「縦・横・斜め」の線にデザインしたのは誰か」の画像4
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク