review

CG技術の進歩で映画から特殊メイクは消えてしまうのか。特殊メイクアーティストに聞く

CG技術の進歩で映画から特殊メイクは消えてしまうのか。特殊メイクアーティストに聞く
代表をつとめる「自由廊」のスタッフが遊びで作ったというリアル波平。肌は弾力があり、ややしっとり。
世界の凄腕10人」に選ばれるなど、日本を代表する特殊メイクアーティストであるJIROさん。映画『進撃の巨人』などの注目作に参加しつつ、さらなる挑戦を続ける彼に話を聞きました。

TVチャンピオンで優勝。でも仕事はなかった


──JIROさんは「TVチャンピオン」(テレビ東京系列)の「特殊メイク王選手権」を連覇されたんですよね。
JIRO 第5・6回のチャンピオンです。東京芸術大学を卒業後に代々木アニメーション学院で特殊メイクを学び、起業して2年目のことです。「特殊メイク王選手権」は学生時代に僕も見ていたので出場できたこと自体嬉しかったですね。でも起業したばかりの頃は生活するのも大変で、出場した時もまだ喰うや喰わず状態だったんです。だからテレビの力を利用して何とか名前を売ってやろうと思っていました。優勝したら仕事が増えるかと思ったけど全然で(笑) 変わらず売れない芸人みたいな生活でした。
──やめようとは思わなかったのですか?
JIRO 自主制作映画など、なんだかんだ仕事があったんですよ。全然お金にならなくて借金つくったりしましたが、手を動かし続けていられたのは大きかったです。あと「TVチャンピオン」に推薦してくれた先輩たちと早く肩を並べるくらいになりたかった。推薦してもらった時、僕は新人だったのでライバルとしてみなしてもらっていないようですごく悔しかったんです。テレビで先輩方が手がけた仕事を見て「これなら自分でもできる」「自分だったらこの仕事はこうした」とシミュレーションしていました。1年で2年3年分学んで絶対追いついてやろうって。

あわせて読みたい

  • ミュージシャンと漫画家夫婦の闘病漫画

    ミュージシャンと漫画家夫婦の闘病漫画

  • 流産は誰かのせいか『透明なゆりかご』

    流産は誰かのせいか『透明なゆりかご』

  • レビューの記事をもっと見る 2016年2月29日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース