日本のサッカーファンは、感謝しなければなりません。選手として脂が乗った時期のこのセルビア人プレイヤーを、Jリーグのピッチで見られたことにー。

1994年の6月13日、彼は来日しました。フランスの強豪クラブチームマルセイユから、Jリーグの名古屋グランパスエイトへ移籍するためです。そこから、旧ユーゴスラビアの至宝、“ピクシー”ことストイコビッチと日本の、監督時代も含めて、20年以上にも及ぶ蜜月は始まったのです。

強豪ユーゴスラビア代表で10番を背負い続けたピクシー


当時29歳のストイコビッチは、既に祖国の英雄でした。1984年に参加したロサンゼルスオリンピックでは銅メダルを獲得。その後出場した1990年FIFAワールドカップでは、チームをベスト8へ導き、自身も大会ベストイレブンに選出されるという栄誉を勝ち取ったのです。
それに、彼が活躍していた頃のユーゴスラビア代表といえば、東欧のブラジルと呼ばれたスター集団。レアル・マドリードのミヤトビッチ、ACミランのサビチェビッチ、ラツィオのスタンコビッチなど、欧州屈指の名門クラブで司令塔的役割を担う選手が集っていました。そこで代表を引退するまで一度もエースナンバーの「10番」を譲らなかったことからも、その凄さは推して知るべしというものでしょう。

所属チームの八百長問題とユーゴ情勢 来日のきっかけに


そんな名選手が、キャリアの円熟期を迎えようとしている時に、なぜ、当時サッカー発展途上国だった日本を選んだのでしょうか? しかも、ストイコビッチが在籍していた当時のマルセイユは、フランスリーグを代表する名門クラブ。リーグはもちろん、欧州チャンピオンズカップ優勝さえも狙える陣容を揃えていました。それにも関わらず、彼が移籍した背景には、2つの出来事が関係してきます。