相変わらず活況な食マンガ界に、またイキのいいニューフェイスが現れた。馬田イスケの『紺田照の合法レシピ』(以下『合法レシピ』)である。本作のテーマは、ずばり「ヤクザ+食」。
『合法レシピ』ヤクザと料理はなぜ相性がいいのか
馬田イスケ『紺田照の合法レシピ』(講談社)

主人公の紺田照(18歳)は、細身、長身、お約束とばかりに顔に傷、そして座った目がおっかない、指定暴力団「霜降肉組」の新人組員だ。そんなコワモテにもかかわらず、「学力無くして極道は歩けぬ」というポリシーから、きちんと高校にも通っていたりもする。

こうしたギャップの面白さは、言うまでもなく本書のテーマ「ヤクザ+食」にも通じている。ヤクザが刃物を握れば流血騒ぎとなるのが相場だが、本書で流れるのは血ではなく、涎だ。紺田が仕事以外でもっとも心血を注いでいること──それが「料理」なのである。

土山しげるの『極道めし』(双葉社)のように、裏社会を生きる人間たちと食を組み合わせたマンガは過去にもあった。あるいは、ヤクザが料理をするといえば、福澤徹三の『侠飯(おとこめし)』(文春文庫)なんて作品もある。就活中の大学生宅に超料理好きなヤクザが居座り、こだわりの食材や調味料をお取り寄せしては自慢の腕を振るう──という異色のグルメ小説で、かなり面白い。調理の行程をきちんと描くところや、素材の特徴にまで言及するところなど、知識に裏打ちされているという点では、『合法レシピ』も同じ流れにあると言えるだろう。

ヤクザの「仕事」から生まれる料理


『合法レシピ』