review

ほぼ寝てなかった「おジャ魔女どれみ」と「デジモンアドベンチャー」を生んだ関弘美Pに聞く

現在発売中の『タイムスリップ! 東映アニメーション 80s〜90s GIRLS』『ヒストリー 東映アニメーション 80s〜90s BOYS』は、1980年代から90年代にかけての東映アニメーションのアニメ作品をまとめたムック本。今の20代〜30代が「まさにこの作品に育てられた……!」と感動する作品ぞろいです。
東映アニメーションの90年代を語る上で外すことができないのは「おジャ魔女どれみ」「デジモンアドベンチャー」という2タイトル。どちらも1999年に開始し、同じプロデューサーによって企画が立ち上げられているという共通点があります。
「どれみ」と「デジモン」の生みの親、関弘美プロデューサーにインタビューしてきました。
ほぼ寝てなかった「おジャ魔女どれみ」と「デジモンアドベンチャー」を生んだ関弘美Pに聞く
発売中の『タイムスリップ! 東映アニメーション 80s〜90s GIRLS』。「おジャ魔女どれみ」は「美少女戦士セーラームーン」終了後に生まれた大ヒットオリジナル作品。

「どれみ」と「デジモン」を同時にプロデュース。ほとんど寝ていなくても「幸せ」


──『GIRLS』『BOYS』を読んでみて、改めて「東映アニメーションの作品に人生を作られている……!」と思いました。特に「どれみ」と「デジモン」は、今の20代半ばの世代に絶大な影響を与えている。そんな作品を同時に担当していくということは、どれだけ大変なことでしたか?

 ほぼ寝てませんでしたね。普段なら週休二日の会社ですが、あの頃は朝から晩までの完全オフのお休みは一カ月に一日くらいしかありませんでした。真剣に労災対策として手帳に睡眠時間を書いていたんですが、毎日の平均睡眠時間は3時間くらい。それも、タクシーの中での移動時間を全部睡眠にあててようやくそんな感じでした。あの頃の口癖は「うちの会社がタクシー会社と契約を打ち切ったらその日が会社を辞める日だ」(笑)。立ち上げから余裕が出てきてからは、4.5時間くらいになりました。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2016年4月1日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース