s90

浜田雅功と野坂昭如がガチの殴り合い!『ガキの使い』の危険すぎた企画

浜田雅功と野坂昭如がガチの殴り合い!『ガキの使い』の危険すぎた企画
最近は丸くなったといわれる浜田雅功
浜田雅功は、ロケの最中「はまちゃーん!」と呼びかけられたら、気さくに手を振って応えるそうです。しかし彼を昔から知る芸人仲間からしたら、その行為は「考えられへん」とのこと。
20代前半の頃に同じシチュエーションに出くわしたら、「おい、カメラ止めんなよ」とカメラマンに指示し、その声の主の素人に「お前、誰に向かって口きいとんねん!」と掴みかかっていたそうです。「カメラ止めろ」ではなく、「止めんなよ」です。本来映してはならない暴行の一部始終を撮影させるなど、普通ではありません。そう、昔の浜田はそれこそ「考えられへん」くらい気性が荒かったのです。

暴れん坊作家をスタジオに招いて…


その凶暴性が最も端的に発揮された出来事の一つが、今から20年以上前の『ガキの使いやあらへんで!』で起こりました。それは「チキチキ野坂昭如 たたいて さぁ何点!?」という企画でのこと。
野坂昭如は、言わずと知れたスタジオジブリ不朽の名作『火垂るの墓』の原作者。2015年の暮れに逝去し、ニュース番組に度々取り上げられていたのは記憶に新しいところでしょう。その訃報を伝える際、彼の人となり・実績を示す映像として『火垂るの墓』と共に多く放送されていたのが、映画監督の大島渚に殴りかかるシーン。あの一場面だけ切り取ってみても、この直木賞作家がキレるとなにをしでかすか分からない乱暴者だと、よく理解できるというものです。

浜田雅功と野坂昭如 乱暴者同士の化学反応

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース